2020年01月03日

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦8』

満を持してのアニメ化が決定した、細音啓 先生が贈る大人気王道ファンタジー。第7巻は
女王代理となった“アリス”が、陰謀を暴くべく“シスベル”救出の手立てを模索します。
(イラスト:猫鍋蒼 先生)

https://fantasiabunko.jp/product/201705kimitoboku/321901000625.html


ヒュドラ家“タリスマン”の強かさに内心で苛立つを見せる“アリス”。彼女の気持ちに
共感を覚える中で進んでいく彼らの謀略と、それを何とか覆そうと手を尽くす彼女たちと
水面下の攻防が緊張感を誘います。まだまだ相手の方が上手そうなのが実にもどかしい。

一方で“シスベル”救出に向け準備を進める“イスカ”は、シリアスな局面でありながら
コメディな場面に遭遇し続ける羨ましくもけしからんワケで。“アリス”にとって安息の
ひと時になった気がするのでそれはそれで良し。刺激的な「おべんきょう」はさて置いて。

今回新たに立ちはだかる“ミゼルヒビィ”、その実力は別ベクトルで力強さを見せつけて
手に汗握らせるものがあります。“イスカ”もやられっぱなしじゃない所がまた見どころ。
間に立って巻き添えを食う“燐”を応援しつつ、彼の努力が実る時を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2020年01月02日

『メイデーア転生物語 1 この世界で一番悪い魔女』

友麻碧 先生の「小説家になろう」投稿作が書籍化。異世界の少女を守る者として選ばれ、
引き裂かれた想い人を追って魔法学校で研鑽を続ける辺境令嬢の生き様を描いていきます。
(イラスト:雨壱絵穹 先生)

https://lbunko.kadokawa.co.jp/product/maydare/321904000215.html
https://ncode.syosetu.com/n3862be/


偉大な魔術師の末裔として生まれ育った“マキア”は妙な世界の夢を見る。恋に臆病な
少女が謎の男に「何度生まれ変わっても殺す」と刺される夢を。そんなことなど忘れて
彼女は興味深い奴隷少年と出会い購入を決める。それが運命の出会いとも知らずに──。

“トール”と名付けた少年との優位性が、彼自身が持つ潜在能力の高さゆえに逆転する。
そこに悔しがりつつ奮起する“マキア”が彼と絆を築いていく展開はニヨニヨできます。
それ故に彼と強制的に別離を迎える彼女に関してはかの姿と共に痛ましく思えるもので。

夢で見た3人、おとぎ話の魔術師3人、そして救世主の少女を含めた“マキア”ら3人。
時を超え、世界を超え、ドロドロとした因果関係がどう関わっていくのか実に興味深い。
「メイデーア」という世界は誰のものなのか。それを確かめるべく続きを読みたいです。

posted by 秋野ソラ at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2020年01月01日

『董白伝〜魔王令嬢から始める三国志〜』

伊崎喬助 先生が贈る新作は三国志の世界観を舞台とした覇道ファンタジー。男性会社員が
気がつけば“董卓”の孫娘に転生しまった、その現実からどう生き残るかを描いてきます。
(イラスト:カンザリン 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094518252


機嫌が悪いと口調を荒げる悪癖が元で会社を解雇された“ささね”。彼が入れ込む三国志
ソシャゲで評判の占い師に神引きすると導かれ、ガチャで引いたのは弱キャラの“董白”。
気付けば占い師に意識を奪われ、しかもその世界で先ほどのキャラに転生していて──。

富と権力をほしいままに悪逆非道の限りを尽くす“董卓”。いつ殺されてもおかしくない
祖父に巻き込まれるのを避けるため国外逃亡を図る“董白”が、意図せず彼の覇道を担う
顛末が面白い。人生を棒に振った悪癖が転生先の世界で鍵を握ることになるのも興味深い。

いわゆる「三国志演義」を知っていると更に実感できるかと思いますが、各武将のキャラ
設定にも驚かされるのではないかと。いずれもクセが強いし、裏がありそうなのも要注目。
命だけでなく貞操も守れるのか、“董白”としての生き様、その行方が楽しみな作品です。

posted by 秋野ソラ at 02:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年12月31日

『榮国物語 春華とりかえ抄 六』

一石月下 先生が贈る男女逆転中華譚。第6巻は“春蘭”と“春雷”、それぞれの関係者が
2人の入れ替わりに気付き始めた中、政敵“玄瑞”が謹慎を解かれ再び立ちはだかります。
(イラスト:ノクシ 先生)

https://lbunko.kadokawa.co.jp/product/shunkatorikae/321908000505.html


“春雷”の秘密を知った“莉珠”の過剰な反応にニヨニヨしたくなる場面ですが、2人の
様子の変化を訝しむ“杏子”の言動が実にもどかしい。彼女から相談を受ける“紫峰”も
察するところはあるようで“春雷”が身の振り方を考え直す時は近付いていると見るべき。

“春蘭”は相変わらず“海宝”の心を惑わせる才を存分に発揮していて彼には同情の念を
抱かずにはいられないワケですが、“子君”が両者と浅からぬ縁を見せつけてくるあたり
心労の種が尽きません。こちらも気付きを得たようなのでそろそろ報われてほしいところ。

“玄瑞”との対決は“春蘭”が思いがけず得た秘策をもとに繰り広げられる法廷劇が熱く、
更にある人物からの陳情で両陣営の考えもつかない結末を迎える展開が面白くて切なくて。
“春蘭”と“春雷”が秘密を明かされる時の迫るこの局面をどう乗り越えるか楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年12月30日

『塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い』

猿渡かざみ 先生の「小説家になろう」投稿作が書籍化。愛想のない美少女“佐藤”さんの
本当の姿を知った少年が抱く恋心の行方を両者の視点から綴る、両片思い青春ラブコメです。
(イラスト:Aちき 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094518238
https://ncode.syosetu.com/n1912fp/


男子高校生“颯太”はアルバイトするカフェでパンケーキの写真を真剣に撮る、見慣れた
美少女の姿を目にする。彼女こそ知る人ぞ知る「塩対応の佐藤さん」。ナンパされている
ところを助けた彼が詳しい事情を聞いてみると、実に思いも寄らぬ答えが返ってきて──。

スマートに助けたような素ぶりの“颯太”は「佐藤さん」のことが好き過ぎてこの機会を
逃したくないと張り切る一方、彼女はというと彼のことを少なからず想っていて。すでに
カップル成立秒読み段階の心情を踏まえたこそばゆいやりとりが見ていて萌え転がれます。

そんな急接近を見せる2人ですが、彼女の家族関係がもたらす高い壁の発生で“颯太”の
気概が試される展開は良い切り返しになっています。興味深い結末を迎えるのも見どころ。
彼女の妹“凛香”が抱えたあの気持ちをどう清算できるのか気にしつつ、次巻を待ちます。

posted by 秋野ソラ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年12月27日

『本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜第四部「貴族院の自称図書委員9」』

TVアニメ第2部の放送が決定した、香月美夜 先生が贈る大人気ビブリア・ファンタジー。
第四部最終巻は“フェルディナンド”を送り出す“ローゼマイン”たちの想いに触れます。
(イラスト:椎名優 先生)

https://tobooks.shop-pro.jp/?pid=145305091


聖典が盗まれたことに気付く“ローゼマイン”の愛着ぶりもさることながら、真贋すら
見極めてしまう様子は相変わらずの脱帽ぶり。それにしても“ダールドルフ”子爵夫人の
家族への迷惑も省みずに「そこまでやるか」という覚悟の示し方が腹立たしいほどに潔い。

こんな不穏な雰囲気のまま、アーレンスバッハに“フェルディナンド”を行かせてしまう
“ローゼマイン”の切なさが読み手にもひしひしと伝わってきます。エーレンフェストを
彼女に守ってほしいと気遣う彼の想いは親心として捉えていいのか、今後が気になる所で。

そんな“ローゼマイン”に対し“ヴィルフリート”は本当に何も感じていないのであれば
と思うと何とも不甲斐ない限りで。“ゲオルギーネ”と“ジルヴェスター”の優劣も今後
問われそうな不安要素も含め、第五部で彼女はどう振舞っていくのか。期待しておきます。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年12月26日

『後宮妃の管理人 二 〜寵臣夫婦は悩まされる〜』

廣本シヲリ 先生によるコミカライズが早々に決定した、しきみ彰 先生が贈る後宮物語。
第2巻は珀家と犬猿の仲である郭家の“徳妃”に“優蘭”がどう対処するかを描きます。
(イラスト:Izumi 先生)

https://lbunko.kadokawa.co.jp/product/kanrinin/321908000506.html


後宮、宮中の人員補充を目的に行われる「秀女選抜」に主催者の一員として“優蘭”らに
割り込んできた“徳妃”。むき出しの敵意はあからさまだが筋は通す、という隙を狙って
上手くあしらおうとする強かさは流石“優蘭”という所ですが一筋縄ではいかないワケで。

“皓月”も郭家との確執の煽りを受け、妻を侮辱されて堪忍袋の緒を切ったあの一幕には
強い愛を感じました。その後も“徳妃”との大事な駆け引きの場面で絆を確かめ合う場面
など“劉亮”も思わずからかいたくなるほど仲睦まじさを見せつけてきて思わずニヨニヨ。

どこか突っかかりを覚える“慶木”の行動にどんな裏があるのか。「秀女選抜」の成功に
影を落とそうとする陰謀に対し、「後宮妃の管理」に意味を見い出した“優蘭”が意外な
落とし所を招く展開も面白い。夫婦がどう後宮をまとめていくのか、引き続き見ものです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル