2018年06月01日

『俺の立ち位置はココじゃない!2』

宇津田晴 先生が贈る立場入れ替え系ラブコメ。第2巻は六花の一員となった“公平”と
“光瑠”が迫る球技大会への準備中に思いがけない洗礼を受ける、その顛末を描きます。
(イラスト:おしおしお 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517316


“公平”が応援団長、“光瑠”が副団長として大会を盛り上げようと意気込むも、肝心の
生徒会長や大会実行委員長が非協力的で話もまとまらないという波乱を予感させる幕開け。
それどころか周囲からも他の六花メンバーと比較され、侮られる苦境ぶりには思わず同情。

今巻では女の子たちから次々と告白を受けたりして満更でもない“公平”が王子を目指し
奮闘するのとは対称的に、姫希望という想いが定着しない“光瑠”の報われなさが何とも
切ない。嫌がらせを受けてもなお大会の成功に向けて頑張っているだけに、なお余計に。

今回の顛末を上っ面でしか捉えていなかった“公平”が、見えていなかった側面を見える
ようになったその瞬間。真実と真っ直ぐに、誠実に向き合うその姿勢が実に男らしかった。
終章で見せる“公平”と“光瑠”微笑ましい一面を、救われるような思いで見届けました。

posted by 秋野ソラ at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年05月31日

『可愛い女の子に攻略されるのは好きですか?2』

天乃聖樹 先生が贈る、惚れたら破滅の甘々恋愛ゲーム。第2巻は“帝”と“姫沙”の恋愛
ゲームに“凛花”や“美月”も乱入してきて色々な面で番狂わせの様相を呈しております。
(イラスト:kakao 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797396881.html


アトラクションめいた壮大な罠の仕掛け方、“美月”をダシにした恋愛裁判での糾弾ぶり。
作戦自体はそう悪くもないのに“姫沙”が肝心要の場面でポンコツぶりを発揮することで
ゲームをふいにしてしまう。“帝”も認識している通り、そのダメさ加減が何とも可愛い。

料理対決で“姫沙”と“凛花”の直接対決も催されますけど“凛花”も突拍子もない修行
に明け暮れたりするあたり“姫沙”と引けを取らないくらいアカン娘なのかも知れません。
今のところ、明け透けに気持ちを示している“美月”が先んじている気がする今日この頃。

女性陣に流され気味な“帝”も、一念発起して寺院で精神修養に勤しむあたり“姫沙”と
似た者同士でいい関係だと改めて感じます。心の距離が一段と縮まっている、と実感する
“帝”の油断にも似た余裕ぶりを一転させるあの一言に彼はどう対応するか、見ものです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年05月30日

『弱キャラ友崎くんLv.6』

屋久ユウキ 先生が贈る人生攻略ラブコメ。第6巻は文化祭の準備を進める中でインスタ
による撮影クエストに臨む“友崎”が「付き合いたい女の子」について頭を悩ませます。
(イラスト:フライ 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517330


“たま”との件で感情的な姿勢を見せた“日南”。彼女の真意は掴めぬまま、彼女候補と
される女の子と“友崎”との距離が徐々に近づいていると感じられる逸話の数々が何とも
こそばゆい。特に“菊池”の書いた物語に対して彼が意見をやり取りする場面が印象的。

クラスメイトたちから指摘されるくらい人との付き合い方にレベルアップしたと自覚する
“友崎”。でも人生というゲームでは未だ弱キャラ、という根性が染みついていることを
示す彼の気持ちは共感が持てます。だからこそ“水沢”の指摘にも胸を貫かれる思いです。

どうにかこなしていく撮影クエスト、級友たちと共に進めていく文化祭の準備。その中で
自分を卑下したままの“友崎”に対して、遂に「彼女」から思わせぶりな言葉を受けます。
“水沢”からの更なる忠告を元に決意した姿勢が貫けるか、次巻で確認させてもらいます。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年05月29日

『俺もおまえもちょろすぎないか2』

保住圭 先生が贈る超濃厚ハイスピードラブコメ。第2巻は“つぶら”との2年後の結婚を
約束した“功成”に、彼女以外から想いを告げられる事態が訪れて怒涛の展開が続きます。
(イラスト:すいみゃ 先生)

https://mfbunkoj.jp/product/omachoro/321802000564.html


“つぶら”のお母さんが可愛いすぎて“功成”を爆発させたいレベル。そんな順風満帆に
見える二人に“稀”から「“功成”が好き」と宣言されて、しかも“つぶら”が“稀”の
事情に納得して、更には“功成”とデートに行くことを勧めちゃったりするからさあ大変。

イチャイチャしたい“功成”としては「おあずけ」の状態で、“稀”も彼の心境は分かる。
だからこそ大胆なアプローチもやぶさかではないとする“稀”に“つぶら”はヤキモチを
焼かないのか。その後に潜む伏兵の件も含め、ちょっと特殊な駆け引きが今回も興味深い。

“つぶら”と“功成”、互いが相手のことを好きだと言うなら何をすべきか。子供のまま
ではいられない二人が出した結論は実に素直で、得心がいくものです。このダダ甘ぶりが
たまりません。エピローグで描かれる意味深長な機微がどう絡むのか、次も気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年05月28日

『《このラブコメがすごい!!》堂々の三位!』

飛田雲之 先生の「第12回小学館ライトノベル大賞・ガガガ賞」受賞作。とある投稿作への
悪ノリ記事を境に始まるライトノベル系まとめサイト管理人の青春サクセスラブコメです。

(イラスト:かやはら 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517323


同じクラスの美少女“陽文”に淡い想いを抱く“新”は、彼女との接点を窺い情報収集に
努める日々を過ごす学生であると共に、有名「まとめサイト」の管理人という顔を持つ。
炎上させたネット小説の作者インタビュー記事を書こうと彼が接触を試みたら何と──。

ライトノベルという繋がりを得た“新”と“陽文”。まとめサイトを運営する視点も実に
興味深い所で、その話題性、効率重視な考え方を作品だけでなく私生活にも持ち出された
時に“陽文”たちがどんな感情を抱くか思い至らないあたり、嘆息したくなるのも納得で。

抱く感情の隔たりを前に“陽文”はラブコメを書くことができるのか。もっと青春を謳歌
すべき、と嘆かれたその真意を“新”は認識できるのか。タイトルがもたらす意外な結末、
そこに至るまでの二人の情熱と勇気をぜひ見届けてほしい。これもまた青春、お薦めです。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年05月25日

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 3』

おいもとじろう 先生によるコミカライズが決定した、夕蜜柑 先生のノンストレス冒険譚。
第3巻は“メイプル”たちが自分たちのギルドに関して体制面での強化を図っていきます。
(イラスト:狐印 先生)

https://kadokawabooks.jp/product/itainohaiya/321712000895.html
http://ncode.syosetu.com/n0358dh/


コミカライズが決定した、ということで慌てて1巻からまとめ読みをしましたが、本当に
サクサクと読み進められるのがよく分かります。まさにノンストレス。前巻では浮遊要塞
と化した“メイプル”がどんどんやらかしてくれる様子を微笑ましく眺められるものです。

3回目となるイベントではどう振舞うのか、運営側も含めて注目を集める“メイプル”が
これまた斜め上の進化を遂げていく、その面白さは格別です。“クロム”ほか彼女以外の
メンバーも次々と常人の道を外れていく様子も描かれていてどんどんヤバさが増してます。

そして今回、対ギルド戦を意識してスカウトされた極振りキャラの“ユイ”と“マイ”が
これまた面白い成長を見せています。狐印 先生のイラストも絶妙ですね。各々が成長を
遂げたメンバーがどんな団体戦を繰り広げるのか。圧倒する様子を想像しつつ期待します。

posted by 秋野ソラ at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年05月24日

『死んじゃうくらい泣いていっぱい幸せになる百合』

みかみてれん さんのサークル「てれたにあ」が頒布する新刊は、病弱な少女の前に現れた
笑顔満面の死神が残された日々の中でかけがえのない想いを育んでいく感動百合小説です。
(イラスト:風知草 さん カバーデザイン:ゆぞうに さん)

http://unnamed.main.jp/teretania/
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/62/61/040030626114.html


「あたしは、紗夜さんのことを幸せにしようと思ってやってきたんです!」そう力説する
死神“エミリー”に面食らう彼女であったが、友人として、そして想い人として深い関係
を築いていく。死神に叶えたい「やり残したこと」を尋ねられた“紗夜”は悩んだ末──。

迫る死を前に、生きることへの諦めを感じていた“紗夜”が“エミリー”との邂逅を経て
活き活きと、そして積極的になっていく様子。さらに“エミリー”が翻弄される雰囲気が
まず尊い。それだけに二人を分かつ瞬間のやり取りが見せる切なさといったらもうつらい。

物語は変則二部構成で、もう一組の少女と死神の話が描かれる中で“紗夜”と“エミリー”
二人が出会った意味が分かったときの高揚感と畳みかけるエピローグに尊さが深まること
間違いなし。思わず読み返したくなる仕掛けが実に絶妙。オススメに値する百合小説です。

posted by 秋野ソラ at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人誌