2020年06月05日

『エリスの聖杯2』

常磐くじら 先生が贈る貴族社会クライムサスペンス。第2巻は“リリィ”が残した遺言を
もとに“コニー”が「エリスの聖杯」と“スカーレット”処刑の意外な繋がりに迫ります。
(イラスト:夕薙 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4815605612.html
https://ncode.syosetu.com/n1230ei/


“リリィ”が持っていた鍵。悪い奴らを見破る呪文。太陽の入れ墨を持つ犯罪者。そこへ
10年前の幻覚剤と、それを上回る効果を持つ幻覚剤が流行する兆し。すべてを結びつける
巨大な犯罪組織が「アデルバイド」を弱体化させるべく暗躍していたというのだから驚き。

その謀略に楔を打てるのが“スカーレット”の処刑であったと吐露する「仕向けた」側の
思惑も見えてきて複雑な想いがこみ上げます。“アイシャ”の一件を教訓に、今また鍵を
握る“アビゲイル”を救うべく、手段を選ばず“コニー”たちが勝ちを握る展開が爽快で。

闇に迫る“コニー”の危なっかしさを見守る“ランドルフ”が婚約者としてデートするも
頓珍漢な振舞いを見せたり、あるいは彼のさりげないそぶりに頬を染める彼女の様子には
微笑ましさを感じるばかり。謎解きも恋愛も前に進むことを願いつつ次巻刊行を待ちます。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2020年06月04日

『竜と祭礼2 ―伝承する魔女―』

筑紫一明 先生が贈る、杖職人たちの物語。第2巻は王都の城壁に導入された特殊な魔法杖
を破った犯人とされる「魔女」を巡って“イクス”たちがその謎を追う使命を任されます。
(イラスト:Enji 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4815603977.html


“ユーイ”とその学友“ノバ”を連れ、魔女が出没する村へと向かう“イクス”。いわく
「魔女は収穫祭の晩に現れる」「魔女は人間を喰う」「魔女は死なない」と眉唾な噂話を
吟味していく過程はさながらミステリを読むかのよう。今巻でもその面白さが味わえます。

魔女に纏わる逸話から自身の「魔力がない」という特徴に結びつけるあたりは“イクス”
ならではですが、そんな彼に告げられた真実がこれまたシビアで。それでもかの師が彼に
何を見い出していたのかは、彼が手を掛けた杖やそれに至る考え方が示しているのかも。

城壁に纏わる騒動の犯人は。そもそも「魔女」とは何か。全てを推し量る“イクス”が
目にしたあの涙からは蓄えた智慧をもってしても全能ではない「彼女」の悲哀が溢れます。
一つの別れを迎えた“イクス”が迎える冬景色、傍らに誰がいるのかも気になる次巻です。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2020年06月03日

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる14』

約二年半の刊行となる、裕時悠示 先生の甘修羅らぶコメ。第14巻は「偽彼氏」の関係を
打ち明ける“真涼”に対して“愛衣”や“千和”がどう反応するか、注目の修羅場です。
(イラスト:るろお 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4815606213.html


雑誌「パチレモン」の復刊プロデュースに気負う“真涼”の本質を見定める父親のテスト。
奇しくもこれが彼女の未だ抱える心の弱さを露呈することになる訳ですが、そこから更に
“愛衣”や“千和”との関係を結び直す契機にも繋がるのだから何が起こるか分からない。

仲間からの叱咤激励を受け、ジョナサンの言葉を胸に、大粒の涙を乗り越え、余裕綽々な
父親に一矢報いる。「サマーリバー真涼」として復活を遂げるその姿、いかにも“真涼”
らしい復活劇に喜びが胸に湧くのを覚えました。一時はどうなることやら、な話でしたが。

“姫香”以外の「自演乙」メンバーにも、それこそ世界中から注目が集まって血気盛んな
状況の中、“鋭太”はハーレムルートという結末を、居場所を築き上げることが出来るか。
いよいよ牙を剥く「あの人」の存在にその命運は掛かっています。次巻へ大いに期待です。

posted by 秋野ソラ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2020年06月02日

『ひきこまり吸血姫の悶々2』

小林湖底 先生が贈るコミカルファンタジー。第2巻は“コマリ”に妹分の友だちができて
賑やかになる中で、七紅天同士の闘争が勃発したり、要人の暗殺事件が発生したりします。
(イラスト:りいちゅ 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4815605513.html


七紅天の一人“フレーテ”に実力を疑われ、「七紅天闘争」を仕掛けられる“コマリ”。
同じく将軍でありながらテロリストにやられた“サクナ”と共闘を図る“コマリ”との
ガールズラブコメっぽいノリが微笑ましい進行を見せつつ、種明かしは割と早く出ます。

テロリストがいつ“コマリ”に対して牙を剥くのか。その緊張感と共にテロリストにも
行為に及ぶ事情があることへの同情も芽生え、読み手として気持ちに葛藤が生まれます。
かの闘争の流れ次第で揺らぐ命運の中、迎える両者の対面が彼女の奮起を促すのが熱い。

“コマリ”が陥る逆境は、自身が持つ「孤紅の恤」の圧倒的な力で覆していく。爽快感
あふれる逆転劇はそのままに、その力の規格外さを内外に示す結末に新たな可能性すら
見い出せます。「外」から目をつけられた彼女がどんな陰謀に巻き込まれるか注目です。

posted by 秋野ソラ at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2020年06月01日

『家族なら、いっしょに住んでも問題ないよね?』

約5年ぶりとなる 高木幸一 先生の新作は青春ラブコメ。天涯孤独となった少年が親戚に
たらい回しにあったあげく、遠縁の四姉妹が住む家での同居生活を始める顛末を描きます。
(イラスト:YuzuKi 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4815605247.html


祖父の死後、草原家の長姉“宙子”が後見人となり新たな家族の一員となった“真”には
ある悩みが。気難しい次女“波月”や人懐っこい四女“美星”との関係もまずまずな中で
三女“姫芽”とは気まずいままだから。彼女からの告白を断った身としては悩み所で──。

“宙子”から仕組まれた疑似デートに困惑したり、“美星”や“波月”が“真”に対して
好意を寄せていく雰囲気に突っかかったり何かと振り回される“姫芽”。彼女だけでなく
四姉妹と精神的にも近い距離で接することで彼が「家族」の絆を模索する過程が興味深い。

そもそも“真”はなぜ部活の後輩でもある“姫芽”の告白を受け入れなかったのか。その
真意を知った彼女は彼にどんな感情をぶつけるのか。気遣う心が絡ませた想いが解けてく
物語の結び方も心温まる、家族モノとしても楽しめる一作かと思います。オススメです。

posted by 秋野ソラ at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2020年05月29日

『EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩のウハウハザブーン〈上〉』

川上稔 先生が贈る、とある惑星の天地創造物語。2話上巻は自転と地軸が定まった惑星へ
水の確保するべく動く“住良木”たちの前に彼のことをよく知る謎の巨乳美女が現れます。
(イラスト:さとやす 先生(TENKY))

https://dengekibunko.jp/product/kamigami/321910000104.html


「日本の形が世界全体の形状に似ている」というシリーズの結びつきに重要な事実を語る
“木戸”の思わせぶりな発言の数々。“住良木”たちと縁を切るつもりの彼女がいつしか
ゲーム部の面々と想いを交わし、彼らの活動に巻き込まれていくチョロさが絶妙な配役で。

巻き込まれる、と言えば“先輩”も“住良木”の振舞いにすっかり毒されてきてポンコツ
要素が高まっているのも可愛らしい。“桑尻”や“バランサー”のツッコミが追いつかず
同情の念を禁じ得ませんが、脱線する話を戻す重要な役割を担うため耐えてもらいたい所。

いきなりゲーム部の面々とバトルを繰り広げた「水妖」という存在が、思いがけず彼らの
テラフォーム作業をも左右する新たな関係を導いていく展開。神話や精霊の関わり方など
興味深く見守りたくなる要素がどう繋がるのか、奥多摩のキャンプを描く下巻を待ちます。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2020年05月28日

『リベリオ・マキナ4 ―《白檀式改》紫陽花の永遠性―』

ミサキナギ 先生が贈る正義と反抗の バトル・ファンタジー。第4巻は“水無月”を失い
気落ちする“カノン”たちが吸血鬼王と手を組み“ハウエルズ”との徹底抗戦に臨みます。
(イラスト:れい亜 先生)

https://dengekibunko.jp/product/machina/321907000710.html


強硬策に異を唱える者も現れ、綻びが見える“ハウエルズ”陣営。その隙を逃さず人間と
吸血鬼が共に暮らせる「ヘルヴァイツ新共和国」を興すため“ロード”が目をつけたのが
失意の涙を流す“カノン”。運命の過酷さを呪わずにはいられない、辛い展開が続きます。

“カノン”もへこたれたままではいられない、ということで“水無月”に似た“紫陽花”
を独自に作り上げ、胸に残る熱量を彼に向け直す健気さがいじらしい。その姿を見つめる
「彼」が秘密を抱えながら、過去の自分を振り返って悶える転がっているとも知らずに。

“リタ”も知らず知らずのうちに「彼」に本心をひけらかしてしまう展開も微笑ましい。
“ハウエルズ”との決戦を経て、“ユーリ”だけが知っていた秘密も明らかとなった時に
迎える大団円に胸をなでおろしつつ、新たな物語の幕が開くことをただ願うばかりです。

posted by 秋野ソラ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル