2022年06月06日

『僕たち、私たちは、『本気の勉強』がしたい。』

「15歳でも俺の嫁!」の 庵田定夏 先生が贈る新作は、真面目に分相応に生きる少年が
学年首席の少女と関わり、真剣に勉強と向き合う顛末を描く新世代受験ストーリーです。
(イラスト:ニリツ 先生)

https://mfbunkoj.jp/product/honben/322202001159.html


夢を追い、道を誤る父をもつ“正太”は凡人として恙なく生きる日々を送る真面目な少年。
ある夜、彼は教室で勉強する“灯”と遭遇し「本気でやろうと思えば東大に合格できる」
と豪語される。訝しむ彼は彼女の理論を否定するべく夜の教室で共に勉強を始めるが──。

頭が良いとはどういうことか。本気の勉強とは何か。試験の本質をコミュニケーションの
ツール、ミステリー小説のように例えながら展開する“灯”の持論に、成人したからこそ
得心のいく点が幾つも感じられました。端々に子供っぽさを残す言動も印象に残る要素で。

もう一人、夜に出会う“美空”の背負う過去が兎角「脱落者」に厳しい日本の縮図を示す
かのようで心苦しく思いつつ、彼女もまた東大を目指す動機を得る顛末に幾らか救われる
気がしました。決して甘くはない道のりを行く3人に思わず声援を送りたくなる作品です。

posted by 秋野ソラ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月03日

『呪剣の姫のオーバーキル 〜とっくにライフは零なのに〜4』

川岸欧魚 先生が贈る痛快スプラッターファンタジー。第4巻は“メッソル”の〈縁砕き〉
に〈屍喰らい〉で対抗する“シェイ”を“テア”が極限まで支援し、決着の時を迎えます。
(イラスト:so品 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094530674


“シェイ”、というより〈屍喰らい〉に終始こだわる“メッソル”が目をつける“テア”。
魔法鍛冶師としての成長著しい彼が、彼女とはまた違った方向性で人並外れていく様子が
どこかあぶなかっしいくて。その彼を気遣う“ホフマン”の辿る結末が不憫でなりません。

“エレミア”が示す持ち前の明るさにも助けられ、決戦を前にした小休止で“シェイ”と
“テア”が見せた何気ないやり取りから未来を予感させる絆が感じられたのは印象深くて。
それ故に“メッソル”との戦いの凄まじさから、勝ち筋が読めない緊迫感に圧倒されます。

戦いだけでなく、様々なエゴが渦巻く中、徹頭徹尾“シェイ”のパートナーで在り続けた
“テア”が共に、命を懸けて掴み取った結末がもたらしたものは、あのレリーフが如実に
物語ってくれていると信じます。2人の未来に幸あれ、ということで完結を祝う次第です。

posted by 秋野ソラ at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月02日

『ルーン帝国中興記2 〜平民の商人が皇帝になり、皇帝は将軍に、将軍は商人に入れ替わりて天下を回す〜』

あわむら赤光 先生が贈る、三英雄共鳴のシャッフル戦記。第2巻は“ユーリフェルト”の
奇跡的な勝利に水を差す火炎魔法の使い手をどう攻略するか、三者三様の動向を描きます。
(イラスト:Noy 先生)

https://ga.sbcr.jp/product/9784815609481/


ヴェール奪還後に息巻く“ユーリフェルト”へ釘を刺す“セイ”の言い分がごもっともで。
その考えに最初から至らないあたりが彼の将軍たる資質の現れでもあると得心がいく訳で。
そこで“茨姫”の火炎魔法に虚を突かれるあたり、読み手にももどかしい展開が続きます。

今上陛下への貸しを取り立てた“ナーニャ”に同行する“グレン”。彼が目にする帝国の
「膿」に憤る姿には相変わらず胸のすく思いがします。平穏な暮らしを求めて彼が振るう
「商才」に彼女が、そして“ステラ”が惚れこむのも納得。彼の状況が今の所は平穏かも。

“セイ”が思い描く未来図に向けて“ユーリフェルト”と“グレン”が巻き込まれていき、
彼が一歩抜きんでた独走態勢が続くのか、と思えば彼らがそんな一筋縄で済むはずもなく。
それでも情勢は上向き始めている帝国をどう回していくか、それぞれの狙いに要注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年06月01日

『今日も生きててえらい!2 〜甘々完璧美少女と過ごす3LDK同棲生活〜』

岸本和葉 先生が贈る、甘やかしたがりな彼女と過ごす甘々同居生活を描くラブコメディ。
第2巻は“冬季”と“春幸”、共に過ごす時間を脅かす者たちとの勝負の行方を描きます。
(イラスト:阿月唯 先生)

https://dengekibunko.jp/product/ikiteteerai/322201000053.html
https://kakuyomu.jp/works/16816452220548903934


わざと負けて罰ゲームを誘う“春幸”との勝負でも圧勝できてしまう“冬季”の優秀ぶり。
生徒会長“秋本”がノブレス・オブリージュとばかりに提案する生徒会入りをどう拒むか。
“冬季”のクラスが球技大会で“秋本”のクラスより上位を狙えるか、が運命の分かれ道。

ゆくゆくは“冬季”を後任に、と考える“秋本”に対して“春幸”が違和感を覚えた理由。
彼自身が掴み切れなかったそれを汲み取り、容赦することなく結果として示した“冬季”。
身の程を知りつつ、彼との時間をも大切に思う“冬季”の強い意志が感じられて羨ましい。

“冬季”にとって大事なもう一つの勝負。如何にして“春幸”を好きになったかを示した
“八雲”からの挑発を完膚なきまでに叩き潰す顛末と、それを知りつつ応じてこなかった
彼の姿勢も印象に残ります。幸せいっぱいの2人なら顔合わせも余裕綽々と信じています。

posted by 秋野ソラ at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年05月31日

『ラブコメ・イン・ザ・ダーク』

「宮本サクラが可愛いだけの小説。」の 鈴木大輔 先生が贈る新作は、夢を自由に見る力
を得た少年とそれを看過できない現実の守護者たる少女との邂逅が織り成すラブコメです。
(イラスト:tatsuki 先生)

https://mfbunkoj.jp/product/lovedaku/322201000774.html


現実で鬱屈とした感情を募らせる“ジロー”。夢の中ならムカつく奴らも絶対服従させて
自由自在、と謳歌する彼が夢と現実の逆転を望んだ瞬間、その夢に突如現れたペスト医者。
何度も彼の夢を破壊しにくるそれはある案を彼に示す。「恋人が欲しくはないか」と──。

ボランティアでヒーロー、と“ユミリ”を評し“ジロー”が語る冒頭のモノローグだけで
彼の人間性、2人の特異な関係、物語の目指す所まで示して物語に惹き込ませるのは流石。
世界の危機で病そのもの、と彼女に断言された彼が振り回される様子はラブコメそのもの。

その上で、“ジロー”の病を寛解すべく“ユミリ”が提示した治療方法にまつわる顛末が
イチャイチャさせるだけで終わらせない興味深い話の転がし方をしてくるからまた面白い。
ひねくれ者の彼が一つの答えに辿り着いた、と思えばあの引き具合。続きが超楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年05月30日

『君は僕の後悔3』

しめさば 先生が贈る、後悔を抱えた少年少女による恋と対話の物語。第3巻は文化祭で
バンドを組むことになる“結弦”が“李咲”と“壮亮”のすれ違う感情に触れていきます。
(イラスト:しぐれうい 先生)

http://dash.shueisha.co.jp/bookDetail/index/978-4-08-631470-1


「バンドやらねぇ?」という“壮亮”の一言で夏休みにドラムの練習に没頭する“結弦”。
その間、海水浴へ行って“藍衣”や“薫”が繰り広げる恋の駆け引きに巻き込まれるなど
“結弦”も羨ましい限り・・・と見守るだけではいられないシリアスな話に転じるのが見所。

“壮亮”が今回のバンド活動に託す一縷の望み。憧れだった先輩“李咲”を、憧れていた
ころに戻すというのはどういうことか。彼の要望を聞き入れない彼女のしがらみとは何か。
第三者としてどう関わるのが正しいか。自分なりに考え抜く“結弦”の気概が印象深くて。

言葉で伝えることをやめてはいけない。意味がないと言われても。生意気だと言われても。
“壮亮”が“李咲”のために用意した「言葉」の力を信じる“結弦”たちの想いの行方を
ぜひ見届けてあげてほしい物語かと。巡る季節、新たな決断を迫られる彼らに要注目です。

posted by 秋野ソラ at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年05月27日

『聖女に嘘は通じない』

「薬屋のひとりごと」の 日向夏 先生が「アリアンローズ」に初登場。洞察力と記憶力に
秀でた神官見習いが、聖女にまつわる殺人事件の謎に迫るファンタジー&ミステリーです。
(イラスト:しんいし智歩 先生)

https://arianrose.jp/novel/?published_id=3814


十年に一度、特殊なギフトを持つ者から選ばれる国の代表2人「神子」。その候補に推挙
された“クロエ”だが寝耳に水な話で。聖騎士“エラルド”が彼女に話を持ち掛けた訳は
彼女が賭博で荒稼ぎするべく習得した力で神子候補の殺害犯を捜してほしいらしく──。

ギフト無しの“クロエ”が、ギフトを持つ神子候補たちと気風よく渡り合う姿は豪胆で。
「豪運の聖女」たる彼女でも及ばない局面を、「豪商の息子」でもある“エラルド”が
フォローしていく様子が強かで。含みある謎の数々がファンタジーらしさ満載で面白い。

“クロエ”を神子に使われたギフトから守る魔導具の有限性。神子派と聖女派の確執。
殺された“チーロ”の人物像。散在する点がひらめきと共に繋がる瞬間、幕を引かれる
事件の結末も実にファンタジーで新鮮な味わい。終章の落としどころも見事であります。

posted by 秋野ソラ at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年05月26日

『偏愛執事の悪魔ルポ』

数々のレーベルで作品を上梓し続けている 綾里けいし 先生が「講談社タイガ」に初登場。
天使候補のお嬢様に心酔する執事が悪魔としての立場で揺れるラブコメ×ミステリーです。
(イラスト:バツムラアイコ 先生)

http://taiga.kodansha.co.jp/author/k-ayasato.html#link9784065280119


“琴音”は天使となることを定められた神に選ばれし存在。“夜助”はその彼女に仕える
執事であり、彼女を至高と崇める者でありながら、天使とは敵対関係にある悪魔でもある。
二律背反の感情を抱く彼は、犯罪被災体質を持つ彼女と共に日々事件に巻き込まれて──。

次々に起こる事件から“琴音”を守るべく“夜助”が名推理と共に解決する、のではなく
事件を利用して彼女を悪堕ちさせる妄想、「悪魔的解決法」にうつつを抜かしている間に
彼女が事件を無かったことにする「天使的解決法」で話を丸く収めてしまう展開が面白い。

慈悲の心を試され続ける“琴音”が直面する閉鎖環境での殺人、彼女の体質に纏わる昔話、
迫られる選択。“夜助”は執事として、そして悪魔として緊迫する局面をどう見届けるか。
コメディ要素に引っ張られつつ、エピローグが示す2人の絆の由来が良い余韻を残します。

posted by 秋野ソラ at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年05月25日

『豚のレバーは加熱しろ(6回目)』

TVアニメ化が決定した、逆井卓馬 先生が贈る豚転生ファンタジー。第6巻はイェスマを
解放する「最初の首輪」を巡る連続殺人の犯人を追うべく“ジェス”が名探偵に扮します。
(イラスト:遠坂あさぎ 先生)

https://dengekibunko.jp/product/butaliver/322112000023.html


イェスマの解放を主張する“ノット”。その手立てを失った王家、“シュラヴィス”たち。
同盟破棄の危機を前に、全ての首輪を破壊する「最初の首輪」は切り札となるか。童謡に
隠された謎を元に探し出そうとする“豚”たちの様子はいよいよミステリーっぽい展開に。

“豚”仕込みの名探偵ネタを披露する“ジェス”の可愛らしさとは裏腹に大量かつ連続で
人が殺されていく状況は深刻なものに。ここへさらにイェスマ解放の是非を問う者たちの
思惑が絡んできて、犯人の動機を探り直す必要に駆られるところも謎解き要素いっぱいで。

たった一つの真実に辿り着いた結果として、やはり“ヴィース”が抱いたであろう心痛に
思いを馳せてしまいます。王朝、そして解放軍の行方がどうなるか気になるところ以上に
“豚”が度々、耳にしていた幻聴の意味に気づくことができるか、次巻も目が離せません。

posted by 秋野ソラ at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2022年05月24日

『続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(4)』

佐島勤 先生が贈る魔法科高校を卒業した“達也”たちのその後を描く新シリーズ第4巻。
「FAIR」に対抗すべく“達也”が「FEHR」の代表“レナ”との提携に動く顛末を描きます。
(イラスト:石田可奈 先生)

https://dengekibunko.jp/product/mahouka/322112000011.html


「USNA」へ派遣された“真由美”と“レナ”の会見が、かの国で蠢く派閥間の駆け引きを
顕在化させる事態になるとは。“達也”の影響力の強さを目の当たりにするかのようです。
それにしても“遼介”の命知らずな働きぶりは“レナ”の忠犬が如きで今巻も相変わらず。

シャスタ山で「FAIR」に発見された2種類の石板、その1つと「USNA」にて謎の伝染病の
関係について調査に乗り出す“達也”に同行する“深雪”がちゃっかりハネムーン気分を
満喫するあたりは微笑ましく。けれど敵意を示す「FAIR」に容赦ないのは実に空恐ろしく。

「FAIR」のリーダー“ディーン”の持つ悪意を看過することなく、今回登場した“ルカ”
の複雑な事情を忖度することなく、シャスタ山へと突き進む“達也”。“光宣”の見解も
気にしながらある目的地を目指す彼らが何を目にすることになるのか、次巻も楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル