2017年07月21日

『ねじ巻き精霊戦記  天鏡のアルデラミンXII』

宇野朴人 先生が贈るファンタジー戦記。 第12巻は曲者揃いの三国会談に乗り込んできた
“アナライ”の科学を追究する熱意が教会の秘事、更に世界の謎を明らかにしていきます。
(イラスト/竜徹 先生 キャラクター原案/さんば挿 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-893232-5/


“ジャン”と“イクタ”が取っ組み合いの喧嘩を繰り広げる様子は予想通りとはいえ面白い。
ある事情により行動を共にする二人のやりとりも見所で、中でも“ジャン”が“イクタ”に
語った眠らずの原因と、“イクタ”が“ジャン”に突き付けた忠告がまず印象に残ります。

“アナライ”が教皇に、神に抗う中で彼が提唱した「超古代文明論」。そこから導かれる
精霊の秘密、ひいてはこの世界の謎を紐解いていく展開が一文字も見逃せない驚きの連続。
「ねじ巻き精霊」に込められた想いは読んで確かめていただきたい。胸が熱くなります。

天鏡のアルデラミン、その謎を問く過程で垣間見ることができた“ヤトリ”の面影が実に
切ない。科学者が見る夢。叶わぬものと横に置いておかれるのは何とかならないかと淡い
希望を抱きつつ、出された課題に対して帝国、キオカはどう決着をつけるのか注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年07月20日

『美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!』

春日部タケル 先生が贈る新作はラノベ作家をテーマにした熱血ラブコメ。文芸編集者に
なるはずがラノベ編集部に配属となった青年が、ミリオンセラー作家育成に尽力します。
(イラスト:Mika Pikazo 先生)

http://lanove.kodansha.co.jp/books/2017/7/#bk9784063815924


アルバイトの叩き上げで編集者にはなったが、希望とは違うライトノベルの編集部に配属。
ラノベじゃミリオンセラーが出せないと憤慨する“黒川”だが、まずは担当作家“天花”
と会い、ラブコメが書きたいらしい彼女へ売れるためにシリアスを書けと助言するが──。

“天花”ともう一人の担当作家“ひよこ”のボケ倒す言動にツッコミを入れる“黒川”の
やりとりがコミカルで軽妙な読み口。ラノベ関係のネタもいろいろと織り交ぜてきます。
そこに、ミリオンセラーにこだわる“黒川”の過去がシビアな現実として突き刺さります。

“天花”と“ひよこ”の担当編集とした編集長の「諸事情」に気づいたとき、“黒川”は
何を思うのか。二人の美少女作家は彼の助言を受けて大成できるのか。作品を生み出す
過程を時に楽しく、時に厳しく教わりながら彼らの行く末を見守ってみたいところです。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年07月19日

『学園交渉人 法条真誠の華麗なる逆転劇』

『姉(かのじょ)と妹(カノジョ)の下着事情。』の 柚本悠斗 先生が贈る新作は学園逆転劇。
高額の報酬を要求しつつ難題を解決していく少年とそれに反発する助手の活動を描きます。
(イラスト:米山舞 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797392906.html


決して校則を破らないこと。膨大な生徒数を誇る学園の運営を委ねられた生徒が守るべき
ルールはこれだけ。生徒会執行部管理下の埒外で起こる揉め事を校則すら曲げて解決する
“真誠”は依頼人に「謝辞などいらん。金を払え」と報酬を請求するのだが、何故か──。

同じように問題を解決してもらい借金のカタにこき使われる“華織”。“真誠”に何かと
噛みつく彼女ですが、問題解決の過程で気づく「正義」の意味、それに基づく彼の真意に
気付いたことで物語を大きく動かす存在として化けていく話運びにまず惹かれていきます。

連作短編のような構成で軽快に読み進められますし、大事な情報を小出しに見せてくれる
ことで物語の緊張感が徐々に高まっていく面白さが絶妙。登場人物の掛け合いも楽しい。
引きもインパクト十分で、前作に引き続き期待が持てるシリーズかと。オススメします。

posted by 秋野ソラ at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年07月18日

『冴えない彼女の育てかた Girls Side3』

丸戸史明 先生のメインヒロイン育成コメディ。本編12巻、“倫也”がサークル不在の間に
示した“恵”の決意、それに対する女性陣の反応や機微を描いた挿話を収録した一冊です。
(イラスト:深崎暮人 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321702000732


フラットで感情表現が適当、そういう自分だと思い込まなければその胸に根付いた想いは
止められない。「巡璃」という設定を通じて仲間にも親友にも譲らないと宣言する彼女は、
「転」なんていらないと涙する彼女は間違いなくヒロイン。これ本編ですよね、ある意味。

“詩羽”が間接的に“恵”の様子を探ることで悟ってしまった己の立ち位置、“英梨々”
という存在の価値。幼なじみはどこまで報われないのか、涙する彼女に切なさが溢れます。
“恵”の天敵たる“伊織”からしてみれば何もかもお見通しだったのかもしれませんが。

「icy tail」メンバーによる曲作りと称して関係図を整理していただいたのも助かります。
“出海”はキャリアアップに繋がりましたし、“美智留”は今のスタンスを良くも悪くも
貫くものと思われます。最高のガールズサイドでした。本編完結を楽しみにする次第です。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2017年07月17日

『回復術士のやり直し 〜即死魔法とスキルコピーの超越ヒール〜』

月夜涙 先生が贈る新作はリベンジ・ファンタジー。勇者たちに人としての尊厳を奪われる
ほど虐待された回復術士が、「回復」の技術を極めて復讐を果たしていく過程を描きます。
(イラスト:しおこんぶ 先生)

http://sneakerbunko.jp/bookdetails/?pcd=321702000344
http://ncode.syosetu.com/n3512ds/
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883006619
http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_KS11000027010000_68/


「回復」しか使えない【癒】の勇者“ケヤル”。【術】【剣】【砲】の各勇者を支えて
魔王討伐を果たす、まさにその瞬間に彼は裏切る。薬漬け、性的な虐待、暴力をその身に
加え続けてきた勇者たちに復讐するため。回復術士の力を駆使し、雪辱を果たす──。

「回復(ヒール)」という言葉に様々な意味と能力を持たせることで“ケヤル”の復讐に
可能性を持たせたこと。その手始めとして時の流れを戻し、綿密に計画を立て、いつその
瞬間を迎え入れるのかギリギリまで引っ張る緊迫感、彼の執念に目が離せなくなります。

いざ決行となり堰を切るかのように行動する“ケヤル”が“フレア”の運命を狂わせる
描写など中々に過激なところを見せてきます。まさに本作の売りとなる「復讐」が時を
経て意味合いをどう変えてくるのか気になりますし、続きが実に興味深いシリーズです。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル