2014年06月15日

『犬とハサミは使いよう9』

更伊俊介 先生が贈る不条理コメディ、第9巻は“菜沙”の仕業かと思わせる“マキシ”への
宣戦布告に中年男性連続失踪事件が重なって新稲葉の街はにわかに騒がしくなります。
(イラスト:鍋島テツヒロ 先生)

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_06


「アイドルライブロワイヤル」で自信満々にアイドル対決での勝負を賭けた“ステラ”。
相変わらずなんで輝いてるのか分からない“マキシ”も“ステラ”側の仕込みによって
苦境に立たされますが・・・中年男性連続失踪事件がそういう絡み方をするとは(苦笑)。

アイドル対決が沈静化したその後は“夏野”と“雷火”の勝負が待っていた・・・と思ったら
あっさりと決着がついて“菜沙”の謝罪、そして“夏野”への断罪に話が繋がっていく。
たじろぐ“夏野”の様子から察してしまう“和人”の心中にあるのは絶望か、侮蔑か。

「大罪シリーズ」の最終巻『色欲』を書けないのではなく「書かない」理由が目覚めない
“九郎”の姿と被ったとき、物語は一気に急展開していきます・・・ってこれ、どーすんの!?
救いのない道に希望はあるのか、最終巻となる次巻の刊行を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99768607
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック