2014年01月18日

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア 小冊子付き限定版』

大森藤ノ 先生が贈る人気作「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」に
登場する剣姫“アイズ・ヴァレンシュタイン”を主役としたスピンオフ作品を拝読です。
(イラスト:はいむらきよたか 先生 キャラクター原案:ヤスダスズヒト 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797375541.html


“ベル”が悩んだり、それでもひたむきに前向きな頑張りを見せていた頃に“アイズ”も
「ロキ・ファミリア」内での立場とか、頭打ちになっている能力に内心、頭を抱えていた
ということがまず分かってそれだけでも収穫に値する、と感じました。

そんな彼女を慕う、レベル的には劣る“レフィーヤ”の成長を描く物語ですとか“ロイ”
の知己な神々、“フレイヤ”や“ディオニュソス”の悪巧みに触れるエピソードですとか
本編とは違った側面が見られるのもそれを知るからこそのご褒美的なものがあるかと。

小冊子は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 4』のものと並べると
一枚絵になる 深崎暮人 先生の表紙に はいむら 先生の設定資料、外伝内のアフター話を
描く短編「ユニコーンを追って」を収録と中々に手間暇かけた一品だと思いました。

posted by 秋野ソラ at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85538401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック