2014年01月17日

『落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)3』

海空りく 先生が贈る学園ソードアクション、第3巻は学園最強の生徒会長“刀華”の実力
そして人となりを見せつけられた“一輝”がどう構えるか。「校内編」大詰めの展開です。
(イラスト:をん 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797376418.html


今巻における“一輝”の不遇っぷりが半端じゃないです。不条理に押しつぶされそうに
なりながらも前を向き続け、向け続けられる悪意に挫けそうになった彼を救った言葉。
悩んでいた彼女が彼の想いの強さに動かされて告げた言葉の端々に温かさを感じました。

一人じゃない、仲間がいる。そのことに気付かされ、後押しする気持ちを感じることが
できた“一輝”。彼が学園最後の戦いで魅せた強さ、その後の顛末がまた良い爽快感を
生む話運びで「結果として報われて良かったなぁ」とつくづく思った次第です。

思いのほかエッチなことを自覚した“ステラ”との距離もこれまでに無いほど近づいた
“一輝”に立ちはだかるのはあの人で、世界から注目を浴びるようになった“一輝”と
敵対するのは思いも寄らぬ人で。これまた「全国編」の展開が楽しみな所であります。

posted by 秋野ソラ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85496137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック