2013年12月04日

『MONSTER DAYS』

扇友太 先生の「第9回 MF文庫Jライトノベル新人賞・最優秀賞」受賞作。ヒロイン不在
なのに最優秀賞受賞、と編集部が沸いた作品がどう磨き上げられたのか確認しました。
(イラスト:天野英 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1100
http://blog.mediafactory.co.jp/mfbunkoj/?p=19376


人間と魔物が共存する世界。共存の道を選ぶ者もあれば、排斥を望む者も居る。そんな
社会情勢の中で軋轢から互いを守るべく活動する調停局の新人実働官“ライル”の元に
社会加入を求める竜族からの使者、それも姫様の護衛をする仕事が舞い込んでくる──。

その仕事を進めていく中で「調停局」という組織の立ち位置、力関係といったキナ臭い
ところが見え隠れし、やがて一介の実働官である“ライル”が国家的陰謀に直面します。
それも護衛対象である“クーベルネ”を巻き込む形で。心無い選択肢も突きつけられて。

調停局の一員として道を選んだ“ライル”の奮闘ぶりはファンタジー世界でハリウッド
映画の刑事モノを見るかのよう。陰謀の影にある人間と魔物の軋轢の根深さ、取分け
ドラゴンの誇りに触れる部分が印象的でした。さすがの受賞作といったところです。

posted by 秋野ソラ at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81890294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック