2013年11月30日

『人生 第6章』

「アニメ化企画進行中」の報告に沸く 川岸殴魚 先生の人生相談ライトノベル第6巻。
聖夜を前に“彩香”とその宿敵“香織”の対立に巻き込まれる“勇樹”たちを描きます。
(イラスト/ななせめるち 先生)

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_dtl?isbn=9784094514490


口絵のコスチューム・リレーが実に肉々しいですね。目の保養によろしいかと思います。
“香織”の絢爛なクリスマスパーティに対抗意識を燃やす“彩香”も大人げないと思い
ましたが、パーティそのものにひがむ“朋子”先生のほうがよっぽど、と思いました。

仕方なく「第二新聞部」のメンバーなりのパーティを考えることになった“勇樹”たち
を横目に“絵美”がスランプに追い詰められますが、斜め上の理由で回避に成功します。
改めて彼女のまともじゃない側面が浮き彫りとなった形です。絵心以外の犠牲が大きい。

“いくみ”の「脱力モード」に手を焼く“ふみ”の様子が素晴らしかった。彼女たちの
恋愛模様としても「デート」という言葉が浮上するくらいの進展は見られるので今後に
期待ということで。パーティの結果については推して知るべし、でございますね(苦笑)。

posted by 秋野ソラ at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81701730
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック