2013年11月29日

『七人ミサキも恋をする』

丸山英人 先生が贈る新作はほんわか愉快な異色ラブコメ。怪異「七人ミサキ」に憑かれた
少年が可愛くて魅力的な美少女7人の悪霊を前に生き残るために足掻く物語を拝読です。
(イラスト/かれい 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/newreleases/978-4-04-866110-2/


とり憑いた相手を呪い殺すことで新たな「七人ミサキ」の悪霊として加え、それまで居た
悪霊は古い順に成仏していく。その縛りがある悪霊たちの1人“郁”が、憑いた相手の
“伊吹”に恋をしてしまったら? という矛盾がドタバタな展開を呼び込みます。

話の筋としては「恋する“伊吹”を呪い殺すなんてとんでもない」と力説する“郁”と
「またいつ波長が合う相手が見つかるか分からないし、成仏する機会を逃したいくない」
と呪殺を強く主張する“初希”との板挟みになる“伊吹”少年が葛藤していく流れです。

有名な怪異を題材としておりますが怖い要素は全く無く、悪霊とデートしちゃったりする
“伊吹”がいつの間にか彼女たちに情を移したりするアットホームな展開が見られます。
“初希”の棘々しさも些細なことで解決したりしますし。あと“郁”の愛が重い(苦笑)。

posted by 秋野ソラ at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81626355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック