2013年11月18日

『うちの居候が世界を掌握している!6』

七条剛 先生が贈る超無敵アットホームラブコメ、第6巻は“キルマン”の娘“エルナ”の
家出騒動を解決するために“真哉”と“莉子”がウソの恋人同士になることを決意します。
(イラスト:希望つばめ 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797375244.html


“キルマン”の喋り方に倣った“エルナ”が年不相応な雰囲気を醸し出しておりますが、
“優希”と戯れる様子などを見ておりますと実に年相応の子供らしい可愛らしさがあって
微笑ましいです。希望つばめ 先生のイラストも相まって心の中がほっこりとしました。

その“エルナ”の家出癖を何とかしようという思惑に便乗してウソ恋人を演じた“莉子”
ですが、改めて“真哉”との違い、その差を見せつけられで不安に思う場面が多く見受け
られました。その反動として「予約」の約束を取り付けるのですが・・・吉兆や如何に。

“キルマン”に先手を打たれていた“エルナ”がどう日本にやってきたのか、という
理由が「オリオンリュート」を敵視する勢力と結びついてさあ大変・・・なこともなく
見事にあしらってしまうあたりは流石です。次巻は少ししんみりしそうな予感です。


posted by 秋野ソラ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80820652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック