2013年11月15日

『聖剣と魔竜の世界2』

サイトウケンジ 先生が贈る聖剣と魔竜のクライマックスバトル、第2巻はリヴァイアサン
を従える少女リヴィアとの決闘に宿敵「赤い悪夢」を思い起こす“カガリ”が臨みます。
(イラスト:黒銀 先生)

http://over-lap.co.jp/%E8%81%96%E5%89%A3%E3%81%A8%E9%AD%94%E7%AB%9C%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%EF%BC%92/product/0/9784906866427/?cat=BNK&swrd=


突如発生した海の壁と共に街の占拠を高らかに宣言する“リヴィア”。その影で策謀を
巡らす「魔竜参謀」の描写を挟むことで魔竜側の思惑がそれぞれ異なるというところが
見え隠れするようになってきました。「魔竜天使」はまだ謎めいておりますけれども。

自分の立ち位置を分かりきっているからこそ、決闘した相手である“カガリ”と共に
日々を過ごす選択肢を選んだ“リヴィア”。その結論だけを突きつけられた“カガリ”
としてはたまったものではない、ということで運命を覆すべく更なる力を発揮します。

姉に会う、という目的を持つ“Y澄”。それは思いも寄らぬタイミングでさっさと達成
されてしまったりするワケですが、その“桜華”にしても思うところありすぎるようで
単に聖剣対魔竜という構図では済まなくなってきた話がどう進んでいくのか注目です。


posted by 秋野ソラ at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80629661
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック