2013年11月11日

『パパのいうことを聞きなさい! 14』

松智洋 先生が贈るドタバタアットホームラブコメ、第14巻は老犬“ジュウベエ”の忌避
できない衰えを前に“ひな”が、そして“祐太”たちがどう向き合うか問われる場面です。
(イラスト/なかじまゆか 先生)

http://dash.shueisha.co.jp/_papa/#b14


ついに迎えるべき時を迎えてしまった、と言うべきところでしょう。いつも元気で明るい
“ひな”が気落ちする場面、そして泣きじゃくる場面が多い巻でもありました。しかも
このタイミングで父母のことまで気付いてしまう、というのがとても重いです。

その中でも救いなのは暴れた果てに“ひな”が“祐太”の体を抱き返してくれたこと。
それでも「好き」と言ってくれたことが思わず涙を誘います。「だおー」と言わなく
なったりなど、これから少しずつ少女として成長していくのだと思うと感慨深いです。

“ひな”がすべてを知った今、4人が共に居ることについて、「家族」とは何なのかを
見つめなおすことにもなります。見守るか、支えるか。“サーシャ”が、“莱香”が、
そして“祐太”たちがどう行動していくのか次巻以降の展開を見届けたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80379989
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック