2013年10月21日

『ストライク・ザ・ブラッド9 黒の剣巫』

TVアニメが放送開始となっている 三雲岳斗 先生の大人気学園アクションファンタジー、
第9巻は“紗矢華”の救出劇が絃神島の存亡を賭ける大騒動へと繋がる顛末を描きます。
(イラスト/マニャ子 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/newreleases/978-4-04-866023-5/
http://www.strike-the-blood.com/


“古城”の失言が重なったにしても、非常事態にも関わらず素直に血を吸わせてあげない
“雪菜”が可愛いのなんの。そんな彼女たちの本音を引き出す“結瞳”がいい仕事をして
いました。“雪菜”としてはまだまだ素直になれないお年頃、というか関係が続きます。

今回登場した“結瞳”はその身に宿した能力ゆえに実に不遇な境遇に見舞われてきた少女。
彼女を助け出した“紗矢華”の選択肢は正しかったのか、という疑念がつきまといますが
最後に見せた幸せいっぱいな笑顔からすると結果オーライと言って良いのかも知れません。

注目すべき点としては“浅葱”という存在の特異性が明らかになった、ということ。それを
受けて「絃神島」という存在の異常性がより際立ったと思います。“戦車乗り”のキャラが
イイ味を出していて良かったです。“古城”の受難はいつまで続くのか続きが楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78704691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック