2013年08月01日

『落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)』

海空りく 先生が贈る新シリーズは魔力で異能を操る「魔導騎士」を育成する「破軍学園」
を舞台に天才騎士と落第騎士が織り成す学園ソードアクション、ということで拝読です。
(イラスト:をん 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797374681.html


能力値が低くて留年し「落第騎士」とまで蔑視される“一輝”。歴代最高成績で首席入学
を果たし皇女としても尊敬の眼差しが絶えない“ステラ”。何の関わりも無さそうな二人
が勝負に臨み、意外な結果を導き出すまでの機微と言動の積み重ねがまず絶妙でした。

“一輝”が只者ではない、ということを示した後でぶつけてきた“桐原”。極めて相性の
悪い彼の伐刀絶技(ノウブルアーツ)に「やはりダメなのか・・・」と思わせてからの反撃、
またそのスイッチの入り方がこれまた上手い。実に爽快感のある展開かと思います。

“一輝”の妹である“珠雫”もかなりのキャラの強さを見せておりますが、中立的な立場に
立てる“アリス”の存在が相談役っぽくて“一輝”と“アリス”の仲も取り持てる重要な
役割も担えるのではないかと見ております。シリーズの滑り出しとしては十分かと。

posted by 秋野ソラ at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71584894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック