2013年07月11日

『聖剣と魔竜の世界1』

「オーバーラップ文庫」にて サイトウケンジ 先生が贈るのはハイテンション・バトルもの
ということで世界に宣戦布告をした魔竜の少女と聖剣を扱う少年の数奇な物語を拝読です。
(イラスト:黒銀 先生)

http://over-lap.co.jp/%E8%81%96%E5%89%A3%E3%81%A8%E9%AD%94%E7%AB%9C%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%EF%BC%91/product/0/9784906866205/?cat=&swrd=


「恐怖推進活動」などに力を注ぐ魔竜の指導者としての立場にありながら、年頃の少女に
ふさわしいお茶目なところも魅せる“アーリ”。成り行きで知り合ったとは言え自分の立場
は知られたくない“カガリ”。シリアスな状況を中和するコミカルさのある二人が面白い。

「六皇魔竜」の一角を担う“ラスティ”や“計都”をワリと容易く打ち負かしたり、技の
名前などに漂う中二病感には「らしさ」が感じられます。もちろん、サービス・シーンを
油断無く散りばめてくるあたりも流石と言うべきところでしょう。

1巻の段階で“アーリ”との直接対決まで及ぶのか、と思ったらどうやらその背景には裏
があって今回の騒動は単純な話ではなさそう、と見せるまでの思惑があったものと拝察。
・・・怪しい方は何となく目星がついてましたけどね、ということで次巻へと続きます。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70773670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック