2013年07月06日

『覇剣の皇姫アルティーナIII』

むらさきゆきや 先生が贈る覇道戦記ファンタジー、第3巻は訪れた帝都に張り巡らされた
策謀の数々を前にして後手に回ってしまう“アルティーナ”たちの逆転劇を描きます。
(イラスト:himesuz 先生)

http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_05


前巻でも申し上げましたが「前回のあらすじ」の効果たるや絶大なものがあります。たった
3ページ読み終えただけで前巻の情景が大体思い出せる親切設計。あらすじとしての
集約の仕方も秀逸だからなのだろうと思います。ぜひ続けていってほしいです。

さて、本編としては皇位継承を巡って水面下の動きに何とか追いついた“レジス”の知恵が
ものを言う展開。応手の数々が未来を見たかのように次々はまっていくラストは実に濃密で
見所満載です。その活躍のおかげで彼に惹きつけられた女性も増えたようですが。

彼の生兵法な部分で一歩及ばない事態には“アルティーナ”たちの身体能力がカバーして
くれるので読了後の印象も実に爽快です。“ラトレイユ”たちに一歩先んじた二人ですが
思いも寄らぬ事態が緩やかに、けれど着実に迫っているようで次巻の動きも気になります。

posted by 秋野ソラ at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70561070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック