2013年01月27日

『南町黒衣録 第壱話 赤墨の予兆 Replay:天下繚乱RPG』

すがのたすく 先生の “鳥居甲斐守耀蔵” への愛ゆえに始まった南町が舞台のリプレイ。
「天下繚乱RPG」公式サイトにて公開されているものをリライトした同人誌となります。
(イラスト:すがのたすく 先生)

http://tr.jive-ltd.co.jp/minamimachi_replay01.html
http://tr.jive-ltd.co.jp/minamimachi_replay02.html
http://tr.jive-ltd.co.jp/minamimachi_replay03.html


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  寅三郎 : 一度ここを離れてしまうと、奉行には護衛もいっぱいいるし、
       近づくこともままならないだろうね。
  軋羽 : あたいもそのために黒衣衆に入ったわけだし。
  亜弥 : じゃあ、もいっかいキッと睨み付けて、
      「・・・・・・絶対、絶対あんたの寝首を掻いてやるんだから!」
  耀蔵 : 「娘ひとりにいかほどの事ができるか、尽力してみせよ」
  亜弥 : うああぁぁっ!(悶え転がる)
  GM : うあああぁぁぁ!(悶え転がる)
  軋羽 : おふたりがなにかを発散しておられる(笑)。
  亜弥&GM : 鳥居様ああぁぁぁっ!!(ゴロゴロゴロゴロ)
 _____________________________________


三輪清宗 先生が演じる “鳥居” 様に止む無き事情から兄を斬られた少女 “亜弥” ・・・
なのですが、そのPLである 平沢ミノル さんもGMと一緒に悶え転がってしまう始末(笑)。
“寅三郎” を演じる 小太刀右京 先生、“軋羽 ”を演じる 李重Y さんも大変です(苦笑)。

“耀蔵” からは突如乱心したかのように見えた “亜弥” の兄。その裏に妖異の気配を
察した “耀蔵” が 「黒衣衆」 を従えてその闇を討つ、という展開。敵に対する非情な
態度を見て「いいところがあるかも」と錯覚する “亜弥” の行く末が見どころです。

公式サイト版には未収録のシーン(小太刀 先生が突然ショートコントをするとか(笑))や
すがの 先生の愛があふれるPCの裏設定、ラフイラストも収録されているのがこの同人誌
の強みであり、より楽しめる要素でもあります。・・・でも、次はいつ出るかな(苦笑)。

posted by 秋野ソラ at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61751347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック