2012年12月23日

『フェアリィフィールド 妖精戦陣』

『まじしゃんず・あかでみい』シリーズ(ファミ通文庫)の 榊一郎 先生と BLADE 先生が
再びタッグを組んで贈るメカと美少女があふれるバトルストーリー、読ませて頂きました。
(イラスト/BLADE 先生)

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=14425


特殊な生い立ち故に「家族」も含めた人との接し方が余所余所しい“タツキ”。無気力少年
とも言える彼にドールサイズの擬人機械「フェアリィ」を使ったサバイバルゲームの隊長を
お願いするところから始まるこの物語。如何にして彼の動機づけを図るかが最初の焦点。

レベルの高い “キョウ” のチームとの対戦で初陣を・・・・そう易々と飾らせないのがいい
ですね。そこから少しずつ、フェアリィたちとも向き合っていくことで人間性にも変化の
兆しが見えてきます。“キョウ” はかなりの「いいひと」で好感度の高いキャラです。

フェアリィたちの頑張り具合も見どころですが、妹の “アカネ” や彼に対して思う所の
ある “コトコ” の抱えている感情、その機微の描写も興味深い。すべては売り上げ次第
かと思いますが、続けても何ら問題ない作品かと思いますので編集部の皆さま宜しくです。

posted by 秋野ソラ at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60961993
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック