2012年11月18日

『ソード・ワールド2.0リプレイ バウムガルトの迷宮城』

大井雄紀 先生/グループSNEが贈る「SW2.0 ルールブックT改訂版」準拠のリプレイ作。
十日で十万ガメルの借金を返さなくてはならなくなった急造パーティの冒険を描きます。
(監修:北沢慶 先生 イラスト:得能正太郎 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201207000053


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  アルノー : これ、ジョージさんの情報をロー金に流して、ジョージさんを
        つぶしてもらうっていう方法を取れば借金なくなりません?
  一同 : ぶっ(噴き出した)。
  リン : アルノー、発想が黒い。
  エリィ : あたしでもそんなことは考えなかったわ(笑)。
  ヴィント : 俺より裏社会に向いているんじゃないか?
  アルノー : い、いや、今のはプレイヤー発言ですよ!(汗)
  ヴィント : 怖いわー、人の痛みがわからない十代怖いわー(25歳)。
  一同 : (爆笑)
 _____________________________________


ロールプレイに柔軟な発想は大事だと思いますよ。限度はあるかもしれませんが(苦笑)。
ということで借金返済のためにダンジョンに潜り込んでは金目になるアイテムを獲得しては
売却していく “アルノー” たちですが・・・まさか競馬に手を出すとはねぇ(苦笑)。

あの頑張りは何だったんだ、という第一話から金貸しのタビット “ジョージ” の窮地を
救って温情を得ようという作戦にシフトした第二話。思わぬ要素が伏線として浮上したり
積み重ねてきた演技が上手くシナリオに嵌る場面が見られたりとTRPGの妙がありました。

「ルールブックT改訂版」にて導入された簡易戦闘ルールとこれまでの標準戦闘ルールの
違いを示すべく図も入れて丁寧に説明してあるところも本作の特徴であります。ランダム
ダンジョンのルールとデータも収録されてますし、GMをされる方にも推奨できる一冊かと。

posted by 秋野ソラ at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60120121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック