2012年08月11日

『冴えない彼女の育てかた』

『この青空に約束を―』 『WHITE ALBUM2』 等のゲームでシナリオライターとしてその名を
知られる丸戸史明 先生がラノベ作家としてデビューを飾る本作、読ませていただきました。
(イラスト:深崎暮人 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201204000271


「あとがき」 にある担当編集さんとのやりとりで思わずクスッと笑ってしまいました。
「30禁ライター」 とはよく言ったもので。作中に溢れる元ネタとか妙に生臭いオトナの
事情の数々とかなんとなく分かっちゃう自分はそのハードルを易々と越えるワケですが。

表紙をも飾る容姿端麗な “英梨々”、あるいは “詩羽” でもなく “恵” をヒロインに
仕立てようと思ったのか。“倫也” が彼女たちとやりとりした何気ない会話の数々にその
ヒントがある、ということをフラッシュバックさせながら裏付けていくのが興味深い展開。

“英梨々” や “詩羽” のキャラの強さは確かに目立ちますが、“恵” も結構やらかして
くれてると思います。彼女の場合、チョロいのとはまた違う気がします。発売して早々に
緊急重版出来を実現した上々の船出を祝うと共にその先も見届けたいと思う作品です。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57538390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック