2012年05月01日

『アリアンロッド・リプレイ・セカンドウィンド(4) 樹海と秘密と冒険者』

久保田悠羅 先生/F.E.A.R. が贈る 「アリアンロッドRPG 2E」 を基調としたシリーズの
第4巻は 「クエスト形式」 のシナリオを導入した物語性の強いセッションに臨みます。
(イラスト:合鴨ひろゆき 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201201000331


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  GM : それでは、ここからミドルフェイズのシーンになりますが・・・・・・。
  一同 : が?
  GM : ・・・・・・どこから演出しましょう(笑)。
  ジェイス : おいっ!(一同笑)
  GM : だって、せっかく小暮さんのおかげでフィンニーとルードのいい話が
      オープニングでできたわけですから、それを活かさない手はないじゃないですか。
  フィンニー : ありがとうございます!
 _____________________________________


じゃあ・・・・ということでGMが想定していた展開とは異なることをPLがやってみたいと提案
された時、対処の一つとしてアドリブで進める場合があります。そのポイントを示し体現する
構成が、一緒になってより良いセッションにしようとするTRPGの醍醐味を魅せてくれます。

“ルード” の妹である “ルディア”、新たなヒロイン候補の登場にますますの危機感を
募らせる 小暮英麻 さん、もとい “フィンニー” が “ルード” に対していよいよその
距離感を縮めていくロールプレイが何ともこそばゆい。流石と言うしかありません。

“フォースタス” との直接対決を間近にしながらも揺れる “バニィ” の胸の内が最後に
どう結びつくかとても気になる次巻がシリーズ最終巻。ただしその先のシリーズが新たに
始まることもすでに決定している、ということで二重に期待が掛かるというものです。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55600108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック