2011年12月19日

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(4)』

「ガンガンJOKER」で連載中の 七介 先生がコミックスを同時刊行、合わせてキャンペーンを
張るほどに勢いを見せる 裕時悠示 先生の甘修羅らぶ×らぶコメディ、第4巻が登場です。
(イラスト:るろお 先生)

http://ga.sbcr.jp/novel/syuraba/
http://ga.sbcr.jp/bunko_blog/oreshura/
http://ga.sbcr.jp/mgabunko/018807/


・・・きました。幼なじみに元カノに婚約者と揃ってからの “真涼” に対する疑惑浮上、
そして “真涼” 包囲網の形成、伯母の “冴子” にも偽装が効かないとあって一気に
ジリ貧の “真涼”。そんな彼女を結局救ってしまう “鋭太” も人がいいやら何とやら。

先は修羅場かハーレムか。自分が歩む道を選びかねている “鋭太” の心を、“真那” が
ふいに見せた本心が決定づけてしまったのかもしれません。でも、これでついに本題通り、
いやそれ以上に「彼女と幼なじみと元カノと婚約者が修羅場すぎる」状況になりました。

ようやく “真涼” と “千和” もガチでぶつかることが出来る関係になった、ということで
次巻以降への期待と不安が一気に高まったと言えましょう。修羅場の演出は匙加減に
よって薬にも毒にもなる、ということで一つ。どう魅せてくるか、楽しみにしておきます。


#“カオル” も絡んでくる、ってことは無いよね? まさかね・・・?(^^ヾ

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52101840
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック