2011年10月11日

『僕は友達が少ない(7)』

満を持してのTVアニメ放映開始。平坂読 先生の大人気シリーズ第7巻はDVD付き特装版
も同時発売と勢いに乗りつつ、本編は山場を迎えそうな雰囲気を漂わせております。
(イラスト:ブリキ 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/761


「本当はもう気づいていたこと」。この一言に、そして “理科” が出した一つの結論に
集約される内容であったかと。“小鷹” は待ったをかけたようですが、“星奈” との
関係も変化してますし、いつまでも踏みとどまるには限界があるように思う次第で。

“星奈” と言えば、“天馬” 理事長のリアクションが素晴らしかった。挿絵との相乗効果
もあって思わず親指を立てたくなるくらい。まぁ、その反応の原因に当人たちのが把握して
いなかったあの事実があったワケですけど。確かに違った意味で 「俺修羅」 とも言えるか。

あと、“小鳩” がめちゃめちゃ人気者だということが分かって、そういったところからも
「隣人部」 の危うさを感じさせるのですが、果たしてどう出るか。“小鷹” を動かして
くれるのは誰なのか、を楽しみにしつつ次巻の刊行を待ちたいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48420956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック