2011年04月30日

『ソード・ワールド2.0リプレイ 聖戦士物語(1)』

「ソード・ワールド2.0」のゲームデザイナーである 北沢慶 先生/グループSNE が
満を持して世に送り出す王道リプレイ。早速、読ませていただいております。
(イラスト:山根真人 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201101000056


  ロイ : みなさん、さすがです!(笑)
  GM : くそー。しかし王子のおかげで、ボガード1体生き残った!
      ・・・・・・というか、オレ、PC攻撃するの初めてじゃね?
  一同 : ホントだ!(爆笑)
  イングリッド : おめでとうございます、GM(笑)。
  GM : やったー! ありがとー! ってうるさいわ!


・・・王子、ホントにかわいそうなくらい役に立ててませんね。だからこそ従者である
“イングリッド” の無双ぶりが余計に際立って見えるワケでもあり。もやしっ子と
呼ばれるのも致し方ない戦果でございました。

#というか後衛からの攻撃が強すぎ。(w

そんな “ロイ” の草食系な様子と対比するかのような言動を見せる “フィオ”。
肉食系・・・・というかむしろ猟奇的とも言える言葉と想いの端々にちゃんとヒロイン
としてやっていけるのか不安を感じさせられますが、これはこれで面白いので良し。

#“オルネッラ” と “レギン” のヘンタイプレイもなかなか。(w

北沢 GMも振り返っておられますが、随分とPC側に脅しをかけた結果として、想定外の
展開に何度も流れ込んでおり、読んでいる側もハラハラさせられました。1巻から全滅
という最悪のパターンすら予想しましたが・・・。これはダイスの神に助けられましたな。

#あんな窮地においても王子は別の意味で外さないし。(^^ヾ


蛮族たちが押し寄せてきた真意も見えてきた中で、“ロイ” たちは無事に援軍を呼び、
そして 「グラスノ王国」 を救うことができるのか。続巻に注目したいところです。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44632379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック