2011年04月23日

『這いよれ!ニャル子さん(7)』

「狐印イラストレーションズ」 の発売から約一ヶ月、逢空万太 先生の大人気シリーズ
から初の短編集が登場。「GAマガジン」 掲載分を含め計6つの小編でお送りします。
(イラスト:狐印 先生)

http://ga.sbcr.jp/novel/nyaruko/


「GAマガジンクリエイターズ Vol.2」 のスペシャルインタビューを拝読しました。
編集部はとりあえず先生の家を家捜しの上、ネタのサルベージをお願い致します。
あと、立体化の件は企画持込をよろしくどうぞ。「この一枚!」 も納得ですね。

さて、雑誌掲載分のは以前触れたような気がしますので書き下ろしの短編について
触れておきますと、まずは “珠緒” が随分と 「いいひと」 の立ち位置に収まった
ようで。あと “ハスター” が踏み外した道を元に戻していきそうな予感が。

それと “真尋” はなんだかんだ言っても “ニャル子” のことを気に掛けている
ことが伝わってきて思わずニヤリとしてしまったり。「ユゴス・アタック」 を始めと
してネタの挟み込みに、短編であっても余念がないのは流石と言う他にないでしょう。


『深山さんちのベルテイン』 の続きも出してくれることを期待しつつ続刊待ちです。

posted by 秋野ソラ at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44501568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック