2011年04月23日

『ハロー、ジーニアス(2)』

優木カズヒロ 先生が送る、天才(ジーニアス)“八葉” と一般生徒 “高行” の
瑞々しい学園生活を描く青春ストーリー。待望の第2巻が堂々登場です。
(イラスト/ナイロン 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1104.php#new8


孤高の存在として、誰にも邪魔されること無くワリと自由に生きてきた “八葉” が
今回は特に “美月” との繋がりを軸に、より人間として、より女子高校生として
生活を送ることの意味を認識したエピソードではないかと思います。

そういう見方からすると、技術的に困難な事象を軽々とクリアしていく “八葉” の
姿が何ともか弱い存在にも映るもので。まぁ、話の最後までにはしっかりと闊達な
雰囲気を取り戻していて、これまた彼女らしいと感じさせてくれるワケですが。

部室長屋の取り壊し騒動を何とかしようと知恵を絞りあい、東奔西走する生徒たちの
様子はいかにも青春という感じですし、その中に垣間見える人間関係も思春期只中の
男子・女子ならではのもので相変わらず良い読了感でした。

posted by 秋野ソラ at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44501541
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック