2011年02月19日

『神様のメモ帳(6)』

そして 杉井光 先生のニートティーン・ストーリーもアニメ化が決定。第6巻は
「電撃文庫MAGAZINE」 にて連載していた作品に加え、書き下ろし短編を収録です。
(イラスト/岸田メル 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1102.php#new8


こちらがアニメ化できるのなら 『さよならピアノソナタ』 もメディアミックスを
是非ともご検討いただきたいところですね。まぁ、『けいおん!』 があるから
世間的には厳しいのかも知れませんが、名作として推しておきたいものですから。

“花田勝” という男の生き様が壮絶なるのもさることながら娘である “ミン” さんの
精神的にもタフな在り方も層々たるものがありました。そんな彼女が父に贈った物の
真意を汲み取る “アリス” もニート探偵として悲壮にも役割を果たしたのが凄い。

・・・それにしても “アリス” は随分と感情表現が豊かになったように感じられます。
“ナルミ” にあの25例を言わせて身悶えするなんて・・・ぜひ動く絵で観てみたいですね。
というか何で25例全部憶えてるの “ナルミ” は。免許皆伝を貰うわけですよ、そりゃあ。


ということで今巻も短編を含め、大いに楽しませてもらいました。次巻も楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43488746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック