2011年02月12日

『子ひつじは迷わない 回るひつじが2ひき』

貴島煉瓦 先生のコミック連載もスタートし、ドラマCD(前編)の発売を2月23日に
控える 玩具堂 先生のお悩み解決学園ストーリー。第2巻が満を持しての登場です。
(イラスト:籠目 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201008000073


国語の問題はちょうど似たような主旨のテストをやらされたこともあってとても
印象に残る内容でした。その意図を瞬く間に見抜く “仙波” も相変わらずですが
さらに裏読みして依頼者の悩みを解決に導く “なるたま” も中々のもの。

“竹田” 会長が特別ゲストと銘打つ 「オムライス死体遺棄事件」 の依頼者は
書き下ろし小説 「Young lambs to sell!」 を読まずしてもその人間関係は明白
だったりしますが、そこから垣間見える “仙波” の心情の変化が見ものです。

スポ魂的な展開もあったりして柔軟な話運びが出来るのも学園生活ならでは、と
言ったところでしょうか。“三月” の開き直り具合や、何より会長が密かに抱える
思惑も気になるところで、これまた続きが楽しみなシリーズになってきました。

posted by 秋野ソラ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43372921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック