2010年06月26日

『アクセル・ワールド(5) ―星影の浮き橋―』

「電撃文庫MAGAZINE Vol.14」 にて 蒼山サグ 先生と対談を行ったのはもちろんこの方。
『ロウきゅーぶ!』 と対を成す刊行ペースで登場するのは 川原礫 先生、HIMA 先生で
お送りする 『アクセル・ワールド』 第5巻。満を持しての登場です。

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1006.php#new2


≪クロム・ディザスター≫ を巡る物語と ≪心意システム≫ に関わる物語。それらの
残滓とも言える要素が繋がって今巻の話が出来上がっていることを理解したとき、
驚愕の念を隠せませんでした。

偶然とは言え “黒雪姫” とお泊りすることになって何とも羨ましかったり、憎しみの
気持ちに翻弄されつつも何とか最悪の事態を免れた “ハルユキ” と賞賛に値しますが
やはり今回の主役は “楓子” さんだったのではないかとラストを見て思った次第です。

今回起こった ≪ラスト・ジグソー≫ との争いが ≪加速世界≫ へ新たな一石を投じる
ことになったワケですが、そんな緊張感の中で何やら三角関係にでもなりそうな展開も
含め引き続き目が離せないであろうことは変わらず申し上げることができます。

posted by 秋野ソラ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39195835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック