2010年06月12日

『モンスター・コレクション 烙印ゼミナール(2)』

  著: 大井雄紀
  原案: 安田均
  イラスト: 7010

以上敬称略、でお届けする 「六門世界」 より遥か後世、「六芒世界」 を舞台とする
新学園ファンタジー、その第2巻が刊行されております。

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_search.php?pcd=200911000044


今巻は “パッフェル” の過去に繋がる 「幽霊船」 を巡ってパーティを二つに分けつつ
話が進行していきます。このへんはTRPGらしい展開と言えるでしょう。その間に “ルファ”
が “アッシュ” に対してやきもきするあたりのくだりがステキです。

“ライル” が自分の信念に従って行動してしまうところは流れの中で一つのポイントになる
かと思います。間違っているとも言えませんし、かと言って正しいとも言及できませんし。
とても自然な描写の中に奥深いところを感じてしまうのは気のせいでしょうか。

純朴そうに見えて豪気ある “アッシュ” が仲間として “パッフェル” を手助けした結果
として導き出されたラストの一幕。予想だにしていなかったのでその先が気になりすぎです。
ということで 大井 先生、なるべく早く続刊の刊行を、よろしくお願い致します。(^^;

posted by 秋野ソラ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38885217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック