2010年06月05日

『剣の女王と烙印の仔(5)』

担当編集の交代を迎えて気持ちを新たにする制作チーム 「コケッコ団」 が送り出す
『剣の女王と烙印の仔』 の第5巻。もちろん物語を綴るのは 杉井光 先生、世界観を
描き出すのは 夕仁 先生です。

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/books.php?id=25261


「万に一つ」「一縷の望み」 ── そんな奇跡を何度も何度も手繰り寄せ、ありふれた
結末を否定し続けて望むべき未来を繋ぎとめる瞬間の描写に思わず心躍らされました。

例えて言うなら 「スパロボ」 で命中率の低い敵の攻撃を避け続けて生き残る結果を
気が滅入るほどにソフトリセットし続けて実現するとか、能力値からして明らかに回避
できない敵の攻撃を6ゾロを出して避けるとか、そんな感じで。(ぇ

“クリス” と “ミネルヴァ” の繋がりに物悲しさが漂い始め、「刻印」にますます
振り回されていく中で世の情勢も騒乱に溢れてきて、と続きが気になる要素が満載です。
第6巻の刊行を、気が早いですけれども今や遅しと待ちわびておく次第であります。

posted by 秋野ソラ at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38766637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック