2010年03月20日

『スイート☆ライン(3) オーディション編』

有沢まみず 先生、如月水 先生(RED FLAGSHIP)が描く、声優をモチーフとしたラブコメ。
前巻からの引きで見せた “はるか” の去就が気になって仕方が無い第3巻の登場です。

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1003.php#new6


作中の小説 『シックスティーン』 を引き合いに出すのもなんですが、『スイート☆ライン』
に関しても短時間の中で物語世界にどっぷりと埋没できるタイトルだと思います。ここ3巻
全てがそうですね。集中しているからページ数のワリにサクッと読み終えられますし。

“はるか” が流す涙も隠さずに吐露した 「秋宮涼子が父を殺した」 という言葉の意味、
声優となることを目指した理由、乗り越えるべき壁が如く敵対視する “涼子” への思い。
それでも敵わぬと背を向けそうになる彼女を引き止めた “正午” の心意気に注目でしょう。


   「なあ、あんたさ、何か死ぬほど真剣に物事に打ち込んだことはあるか?」


・・・なんか、こう、とても青臭いのにも関わらず身につまされる、というか胸に響く熱血ぶり
でした、あのシーンは。ちゃんと “永遠” に張った伏線も合わせて回収してくるあたりの
お話の運び具合も良かったと思います。そして “トンガ” ちゃんは相変わらず強烈です。(w

恋に仕事に、とひたむき頑張る “永遠” の可愛らしさも相変わらず。挿絵指定もG.J!
ユニットメンバーが揃う次巻でどんな出来事が待ち受けているのか、引き続き楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36525807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック