2010年01月17日

『DVD付特装版 "文学少女" 見習いの、傷心。』

ゴールデンウィークに上映予定の 「劇場版 "文学少女"」 に先駆けてオリジナルアニメ
「"文学少女" 今日のおやつ 〜はつ恋〜」 を収録したDVD付属の外伝第2巻です。
(著:野村美月 先生、イラスト:竹岡美穂 先生)

http://www.bungakushoujo.jp/
http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_01
http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_02


・・・だから 「・・・・・・邪魔よ」 って、ちょっとアナタ何してんの〜!?(w


と、いろいろタイヘンな “心葉” クンではありますが、「大嫌いだ」 と宣言した
“菜乃” に何度もアタックを、アプローチを掛けられて結局は腹黒陰険仮面という
演技を取り払うことになるようで。

それにしても “ななせ” が不憫というか、健気というか。本編最終巻で見せた
あの前向きな姿勢が形成されるきっかけをここで見せられることになるワケですが
惚れた腫れたというのは一筋縄ではいきませんね。

改めて読み返してみたとき、符丁のようにはまっていく物語の構成要素を確認していく
こともまた本作を楽しむ手段の一つではないかと思う今日この頃。次は挿話集の続き
ということらしいので楽しみにしておこうと思います。



で、限定DVDも拝見しました。劇場版の予告映像と「今日のおやつ 〜はつ恋〜」の
オリジナルアニメーションを収録した約17分の1枚ということで。


背景協力に 「スタジオ美蜂」 が入っているので映像全体から見受けられる世界観の
統一性みたいなものが感じられます。何となくですが演出勝負というか、“遠子” 先輩の
妄想ぶりをどう再現するか、現実とどう対比・調和させるかが重要な点になるかも。

それと “遠子” 先輩のセリフはいちいち長いので、役を担当される 花澤香菜 さんは
さぞかしセリフを覚えるのに苦労されるのではないかと思います。大変かとは思いますが
そこは一つ、是非とも頑張っていただきたいところです。

今回収録のアニメは「バンク」も見受けられましたし、本編をどんなシナリオにして
いくのかもまだ見えておりませんのでまだ何とも言えませんが、完成されるのを一読者の
立場から期待はさせていただきましょうか、といったところです。


#さて、早速「"文学少女" の美味しい贈り物キャンペーン」に応募してきますかね。

posted by 秋野ソラ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34800918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック