2009年11月21日

『六畳間の侵略者!?(3)』

健速 先生が綴る 「ころな荘一○六号室」 の覇権争いもひとまずは休戦。第3巻では
侵略の目的を見つめ直すと共に、“早苗” に焦点を当ててキャラの深堀りを図ります。
(イラスト/ポコ 先生)

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup0911.php#novel091102


ついに “ルース” さんがキレました。流石にあの状況をも許容できるのであれば
聖母マリアにも匹敵するほどの懐の深さと言うべきところでしょうけど。(w
“孝太郎” の思わせぶりな行動がまた火に油を注ぐ結果に繋がるワケですが。

今回の騒動で “ルース”、そして “晴海” の好感度が高まったのを感じる最中、
“早苗” のそれが一気に振り切れた、と言うべきところでしょう。騒動の結末に
向かう中での “早苗” の機微に注目、ということで。

それにしても、「一○六号室がなぜ必要なのか」を改めて振り返ってみたりして
皆が運命共同体のような雰囲気をかもし出していたかのように見えていたのに
“キリハ” は抜け目が無いし、新たな敵の予感にも気になるところですし・・・。

これはシリーズの刊行がまたまた楽しみになって参りました。



#「LNF公式ブログ」の指摘を見て 「そういえばそうかも」 と気付かされました。(^^ヾ

◆健速先生
http://lnf.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-c86d.html

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33762652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック