2009年11月21日

『ラッキーメイド天くん』

「HJ文庫」より刊行された前シリーズ 『放課後の世界征服』 ・・・・をひとまず横に置いて
わかつきひかる 先生の新作 『ラッキーメイド天くん』 が刊行されております。
(イラスト/里海ひなこ 先生)

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup0911.php#novel091101


小学校の頃に結婚の誓いを立て、そして疎遠となった “千早” が素っ気無い理由。
今やお嬢様である “千早” のメイド長、“碧” が「屋敷から出るな」と言った理由。
何よりも少年である “天” が “千早” に買われてメイド服を着ることになった理由。

ドタバタしながらも明らかになる真実の1つ1つが揃った時には、ちゃんと話の流れを
考えられているなぁ、と感じました。テンポの良さとか、読了感がいかにも先生の
作品らしい、というか、そんな気がして。

ただ、その一方で危惧しているのはジュブナイルポルノとの線引きがしにくい内容に
なってしまったかな、という点。それらしい単語が伏字とは言えモロに多用されている
ところが特に。「美少女文庫」で出したほうが・・・なんて言われないか、そこが心配です。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33762636
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック