2009年11月21日

『デウス・レプリカ』

にのまえあゆむ 先生の 「第3回ノベルジャパン大賞 佳作」 受賞作品。
神を宿した少年の学園異能バトル、ということで読ませて頂いております。
(イラスト/をん 先生)

http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup0909.php#novel090902


「電撃萌王 12月号」を読んでいて見たことあるイラストだよなぁ、と思っていたら
「そうだ、そう言えば『デウス・レプリカ』の挿絵の人だよ」と思い出してみたり。
・・・今の私のイラストに対する見方ってワリとそんなのばっかりです。(^^;

本編は神器のレプリカ 「リメイン・マター」 をその身に取り込んだ “神村悠” を
巡って神器を封印しようとする者、利用しようとする者との争いとその顛末を描いて
いますが、そんな諍いも「とある真実」に気が付けば驚くほど丸く収まっています。

#一部を除く。(w

個人的には “太刀鞍零” という女性のある意味潔い性格、というか立ち位置が好き
かも知れません。自分がどういう存在なのか、きちんと捉えられている感じがして。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33762624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック