2009年11月15日

『瞳のフォトグラフ(2)』

「デジカメWatch」 がインタビュー記事を載せるなど人気の高さを裏付ける最中、
「GUNP」 のお二人、杜講一郎 先生と さくらあかみ 先生が描く『瞳のフォトグラフ』
第2巻が刊行されております。

http://www.flex-comix.jp/titles/hitomino.html
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20090918_314203.html


      「 レ ン ズ の 数 だ け 世 界 が あ る ん で す ね 」


思わず口に出た “ハルカ” の一言が、一眼レフの魅力を的確に捉えていたかと。
また、実際の撮影風景を写真ではなく絵で、時には写実的に、時には誇張して描く
ことにより、より親しみやすいカタチでその楽しさが伝わってきたように思います。

今巻ではわずかに砕けてきた “イヅミ” のお茶目なところや、恥ずかしがる姿が
何とも微笑ましいというかツボというか。私の中で彼女に対する株が上がったような
気がします。“シオリ” と “ユイ” の関係にも注目でしょうか。

・・・それにしても「特装版希望」のハガキ、結構多かったようで。私も出しましたが。
今度は「特装版」で付けたら良さそうなモノ、を考えて一筆入れてみましょうか。
来年春刊行予定の第3巻がどんな様相を呈するのか、楽しみにしておこうと思います。

posted by 秋野ソラ at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33659543
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック