2009年10月31日

『理の守護神さま。 一.黒使の少女・龍方時雨』

すまき俊悟 先生がイラストを飾る、十目一八 先生の 「第1回 GA文庫大賞 奨励賞」
受賞作 『理の守護神さま。』 を拝読しております。

http://ga.sbcr.jp/novel/kotowari/index.html


本作の注目すべき点はやはり “時雨” の Going my way な言動の数々ではないかと。
例えばそれは “玄武” への素っ気無い対応然り、“樹理” への劣情溢れる対応然り、
“サテラ” への腹黒さ全開な対応然り──。

括弧を使い分けて外面と内面の機微を使い分けて描写されているのも読み手にとって
分かりやすいよう配慮されていたものと思います。またそれを すまき俊悟 先生の
ビジュアルを脳内で補完しながら読むと更に楽しめるというか何と言うか。(w

“時雨” の回りにいるであろうキャラクターたちがまだ出ていなかったり、
“樹理” を巡る環境は決して楽観視できるものではなかったり、と先の展開が
期待できる内容でした。次巻の刊行が楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33301701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック