2009年08月22日

『アカイロ/ロマンス(5) 枯れて舞え、小夜の椿』

先月からの連続刊行となります、藤原祐 先生とイラスト・原案協力の 椋本夏夜 先生とで
お送りする伝奇ファンタジー。風雲急を告げる第5巻を読ませて頂きました。

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko0908.php#new8



       「 強 い て 言 え ば 、 あ な た の せ い ね 」


その身を抉るように深い、その身に背負う業のように深い、その身が堕ちた闇のように深い。
・・・その一言がどれだけの意味を持つのか、読了してそれを垣間見た時の衝撃ったらもう。

「愛って後悔しないことなのね」とはよく言ったものですが、まさかそういった形で
心に繋ぎとめようとするとは・・・。あまりに壮絶すぎて言葉になりません。

他にも明らかになったことが多すぎて、またその内容のインパクトが強すぎて何と
申し上げたら良いか当惑しておりますが、ひとまず言えることは今冬刊行見込みの続刊が
待ち遠しすぎることと、是非この衝撃を読んで感じてほしいということ。これに尽きます。


#・・・これはやってくれましたね、藤原祐 先生。最終巻、期待してますヨ!

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31492930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック