2009年08月15日

『ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・ジェネシス(1) 放課後のアルテミス』

伊藤和幸 先生/F.E.A.R. による 「ダブルクロス The 3rd Edition」 を元にした初の
リプレイシリーズが満を持しての登場となります。
(イラストは 亜沙美 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=200903000229


矢野俊策 先生、鈴吹太郎 先生、藤井忍 先生といったベテラン・メンバーに加え
『タクティカル・ジャッジメント』 や 『火の国、風の国物語』 を執筆されている
師走トオル 先生をプレイヤーに迎えてのセッションがスタート。

──「レネゲイド」が関わる事件に突如巻き込まれることになった女子高生 “あやめ”。
──「俺が正義だ!」と叫ぶ、疎ましいほどの(笑)正義感に溢れた弁護士 “神崎”。
──「オーヴァード」として機械の様に非日常から日常を守り続けてきた高校生 “コウ”。
──「社長また非人間系キャラですか!(笑)」ということで猫と感覚を共有する “瞳”。

今巻は導入、ということで “あやめ” が「レネゲイド」とどう向き合っていくのか。
“コウ” たちとの出会いやNPCたちとの関係を踏まえて1つの結論に辿り着くまでの過程を
丁寧に描くようにロールプレイしていく諸氏の様子を楽しく拝見させてもらいました。


#「普段はのほほんとしてるのに、戦闘時はプロ!」って設定は社長でなくとも燃えます。(w


中でも初心者と思えない程はっちゃけたロールプレイに加え、弁護士という設定を活かした
活躍の数々が光る 師走トオル 先生の言動にも目が離せません。(w

ラストで 「ファルスハーツ」 との絡みを匂わせるマスターシーンでの引きも気になる所で、
次巻の刊行が楽しみなシリーズの顕現を素直に歓迎したいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31310713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック