2009年08月08日

『アリアンロッド・サガ・リプレイ・ブレイク(2) フレイムレギオン』

鈴吹太郎 先生/F.E.A.R.、四季童子 先生でお送りする大人気リプレイ第2巻。
今巻も「ファントムレイダーズ」の暗躍する姿が所狭しと描かれております。

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=200902000259


例えばダイスの神様が居るとして、その微笑む瞳の先に在るのは誰だろうと想像したときに
まず思い浮かべなくてはいけないのではないかと思います、小暮英麻 様という名を。(w
もうどんだけ「ここぞ!」と言う時にイイ目を出してきたのかと。

もちろん 英麻 様の凄いところはそれだけではなくて、GMから逆質問されて困ったように
“ナーシア” の立場に垣間見える矛盾と現実を見つめなおしながら、最終的には見事な
ヒューマンドラマの主人公を演じきっていたと思います。


対して笑いの神様が降りていると思われる(笑) きくたけ 先生ですが、薔薇的な演出を
したりといった場面もありますが “ナーシア” に改めて「仲間」であることを諭す役割を
果たすなど決めるところは決めてきます。

他にも防衛の要となる “ゼパ” 様の活躍ぶりや、「バルムンク」と度重なる対峙の中で
「カッコいいとは、こういうことさ」と言わんばかりの好演が光る “カテナ” の心意気にも
注目しておきたいところです。


シナリオも焔硝石を巡るスパイ活動、「フリーバレット」の暗殺阻止と一筋縄ではいかない
ミッションが続きます。中でも「フリーバレット」のギミックとGMの出目の良さも含めた
最終決戦はまさに手に汗握る展開で楽しませてもらいました。

最後に忘れてはいけないのがラストのあの引き具合。当初描いていた青写真がついに
現実のものとなると聞いてしまっては次巻の刊行が待ち遠しくて仕方がありません。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31144834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック