2009年06月27日

『ロウきゅーぶ!(2)』

蒼山サグ 先生の第15回電撃小説大賞〈銀賞〉受賞作品である『ロウきゅーぶ!』。
その第2巻が刊行されております。イラスト担当はもちろん「てぃんくる」のお二人、
はるかぜせつな 先生と ベル 先生であります。

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko0906.php#new9


フリフリの可愛い服を着た女の子を描かせたら太刀打ちできる方もそうそう居ないと
思われる てぃんくる さんのイラストですが、その挿絵があるページを電車の中で
開くのは中々勇気が要ります。・・・まぁ、家でじっくりと堪能しているのですが。

#流石に見開きはヤバイ。(w


そんな可愛い小学生の女の子たちがバスケに汗を流す最中、“昴” がコーチに復帰して
今回目指すのはクラス対抗戦のバスケ試合での勝利。しかし、前巻で試合をした男バスの
“竹中” がチームに入ることとなり、“真帆” との諍いで流れはビミョ〜な方向に。

しかしながらそこは人生の先達でもある “昴” があれこれと策を打って互いの胸の内を
明らかにすることで、まだ素直になりきれないところはあるものの認め合う対等な存在に
引き上げることができるのですが、その過程はまさしく青い春そのもの。

・・・もちろん、彼女たちがそれを謳歌する中にも “昴” のロリ疑惑を助長するかのような
イベントが発生してしまったりするワケで。「幸運の女神様」とか言っちゃってますが、
もう戻れないんじゃないんですかね “昴” クンは。“葵” の想いは報われるのか否か。(w


そんな彼女も所属する、というか “昴” の本業(?)なハズの「非公式バスケ同好会」にも
焦点を当ててあげないともったいない気がしますので、その辺りを続刊に期待しておきたい
ところかと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30103921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック