2009年06月27日

『とぅ うぃっち せる!』

ひづき夜宵 先生のイラストと共にお送りする 一色銀河 先生の新作、
『とぅ うぃっち せる!』 を拝読しました。

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko0905.php#new9


普段は何気ない日々を過ごす少年 “遼平” が、いざという時に見せる気概の強さ。
私個人の感覚としては 一色銀河 先生らしいな、と感じたキャラクター設定でした。

それにしても、ここまでネガティブ思考なヒロインもそうそういないんじゃないか、と
“エステル” に関して思いました。ただ、それは彼女の生まれ育った家の事情による
ものなので、それはそれで「なるほど」と納得できる設定だったりするワケですけど。

“エステル” が “さくら” や “静久” たちとのやりとりの中で少しずつ “遼平” に
心開いていく過程であるとか、土壇場でもウジウジしているところを諭されてようやく
本領発揮で大団円かと思いきや? といった切り返しも描写として良かったかと。

総じて上手くまとまっていたので読みやすい作品、ということで予想以上の収穫でした。
ちょっと手を広げてみたい、という余力のある方にオススメの一冊かと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30103830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック