2009年06月20日

『アクセル・ワールド(2) ─紅の暴風姫─』

ライトノベル業界に現れた超大型新人、川原礫 先生の第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作
『アクセル・ワールド』。その続刊が満を持して刊行されております。
(イラスト担当は HIMA 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko0906.php#new3


“ハルユキ” の妹と名乗る “トモコ” という少女がどんな存在なのかは口絵からすぐに
感付けるかと思いますが、あの 「アバター」 の姿は容易に想像がつかなかったですね。

そんな彼女のアプローチ(?)に対して普段気丈な “黒雪姫” がヤキモキする姿も見もの
ではありますけど、≪災禍の鎧≫ と対峙するにあたって容易に整理することのできない
過去の影を垣間見せつつもなお先を、「レベル10」を目指す姿も刮目に値すると思います。

《加速世界》 で過ごす精神的な時間と 《現実世界》 で過ごす肉体的な時間の乖離、曰く
「ウラシマ効果」のような現象が自身の体の中で起こるエピソードについて作中でも
触れておりますが、これが「ネトゲ」を題材として扱う上での肝になるのかな、と感じました。


“ハルユキ” が「強くなりたい」と願う気持ちはどこへ向かうのか、辿り着く場所は、
“黒雪姫” 先輩との関係はどうなっていくのだろうか、《ネガ・ネビュラス》の行方は、
とまだまだ気になるところが満載で続刊の刊行が待ち遠しいところであります。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29922336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック