2009年06月20日

『サムライエイジ 恋せよ戦乙女たちっ!』

「徳間デュアル文庫」より刊行の、みかづき紅月 先生と さとみ 先生とでお送りする
乙女ちっく侍の物語も今巻でいよいよ最後となりました。

http://www.tokuma.jp/bunko/dual-bunko/30b530e030e930a430a830a4-2


・・・オビで遊び心満載ですなぁ、確かに。(w


“弥” と “千”、二人で追い求めるべき理想が定まったところで穏やかな夏休み、かと
思いきや “弥” にべったりの “千” がここにきてより一層の積極的なアプローチを
仕掛けてきたり、“耶麻” とちょっとイイ感じになったりと別な意味で大変なことに。(^^;

そんな平穏な日々も “耶麻” と “帝国寺” に訪れた転機が形となって見えてきた頃に
急転直下の勢いで動乱の渦に巻き込まれ、再び危機的状況に追い込まれます。
その渦中で二人が見出した、そして「蘇芳学園」生徒の選んだ道とは──。

ということで「百合」成分が濃くなった第3巻ですが、全員が全員、丁度良いところに
着地できたかな、というまとまり方だったと思います。何はともあれ、 みかづき 先生
お疲れさまでございました、ということで既シリーズの続刊、新作共に楽しみにしてま〜す。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29922325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック