2008年05月19日

『メグとセロン(1) 三三〇五年の夏休み<上>』『メグとセロン(2) 三三〇五年の夏休み<下>』

『アリソン』『リリアとトレイズ』に続いての、言わば「第3シリーズ」とも呼べる

時雨沢恵一 先生 & 黒星紅白 先生による『メグとセロン』の上・下巻です。

http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0800670

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko0805.php#new1


いつか「序章」へと辿り着く物語、ということで “メグ” と “セロン” の関係が

あそこまで進むのにどれだけの時間が必要なのか。2冊を読ませて頂いた限りでは

少し長い道のりになりそうな、そんな気もしなくはないです。

下巻の終盤にかけての流れはさながら少年少女探偵団とでも言わんばかりの名推理が

冴え渡ります。「なるほど、そういうことか」と分かるところでようやくスッキリできる

感じです。

逆に “メグ” と “セロン” の仲はいまいちスッキリしないので、続きがあるなら

ぜひ書いて欲しいと思う次第ですね。期待しております。

posted by 秋野ソラ at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23984853
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック