2008年01月15日

『ゾアハンター(2)』

外野の人間には驚異的な速さで執筆を続けているとしか見えない 大迫純一 先生と

「ポリ黒」シリーズでもタッグを組んでいる BUNBUN 先生のイラストの共演作、

『ゾアハンター』 の続刊です。

http://ga.sbcr.jp/novel/zoahunter/index.html


「予知能力」を超高速度で行う「演繹」の結果として置き換える考え方は

なかなか面白い、目新しい考え方だなぁ、と個人的には感じました。

“関根杏子” という少女と直接関わってきた親友 “結城音緒”、第三者として

関わることになった “黒川丈” とアンドロイド “ダリア”。2つの視点から

少女の辿った悲しい結末が描かれる過程にまたもや惹きこまれてしまいました。

「あとがき」 によると、今回登場した新キャラクター “音緒” が次巻で思わぬ

活躍を見せるとのこと。「音緒の頑張りを、どうか見守ってやっていただきたい」

と 大迫純一 先生も仰られていますので遠慮なくそうさせて頂こうかと思います。

posted by 秋野ソラ at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23984648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック