2007年10月25日

『BLACK BLOOD BROTHERS(8) ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 宣戦恋歌―』

  「── Are you known?」


その問いかけの意味を知ったとき、『BLACK BLOOD BROTHERS』 第3部の幕が

高らかに上がったことを思い知らされることでしょう。

ということで あざの耕平 先生 × 草河遊也 先生による人気シリーズも

長編第8巻に突入です。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200706000206


過去、その片鱗は見え隠れしていましたが、いよいよ “ミミコ” の立志伝とも

いうべき流れがうねるかのように動き始めました。歴史として振り返ったときの

ターニング・ポイントというべきシーンが目白押しでしたねぇ、今巻は。

一介の 「調停屋」 が一瞬にして 「時の人」 となり、時に思いつめ、時に逃げ出し、

それでも “コタロー” や “ジロー” に支えられて大きな一歩を踏み出す──。

そんな彼女の物語に触れてみてはいかがでしょうか、とオススメする次第です。

・・・それにしても、もしかするとあれが 「東の龍王」 こと “セイ” の今の姿

なんですかね。そうだとしたらかなりの茶目っ気ですが。(w

posted by 秋野ソラ at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23984503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック