2006年09月15日

『火目の巫女』&『火目の巫女(巻ノ二)』&『火目の巫女(巻ノ三)』

新刊も消化しきれていない状態でまとめ買い&一気に読み終えました。



お話としては、“忌み事” 多き国を脅かす「化生」と呼ばれる異形と、


それを打ち滅ぼせる弓を司る唯一無二の存在「火目」を巡る物語。



和風ファンタジーとでも呼称すればよろしいでしょうか。




描写として気に入っているのは、「賜火の儀」や「夜御殿」での


豊日と伊月のやりとりですかね。何とも微笑ましい、というか


狼狽する伊月の顔が目に浮かぶようでしたよ。



キャラクターとしては、やはり佳乃を挙げておくべきかと。個人的には。


気高く、強く、そして脆い。「火目」としての能力を持つ特異な存在の中に


“人間臭さ” を見せる人物像がとても好ましく映りました。




ということで、こちらも次巻以降の展開が気になる今日この頃です。



posted by 秋野ソラ at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23983867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック